♡トリコ♡ シドニーの鬼嫁日記

鬼嫁ことトリコ、韓国系オージーのツレ、2010年7月生・さくらんぼと、2013年4月生・ニタロウと、 シドニーで4人暮らし。 スローライフで見たものや感じたことを綴っております。 

何週間 雨が続いただろう、ここ シドニー。

また 今週からも雨予報だけど、幸い 先週末は サンシャイン ギラギラ。

久々、眩しいほどの日光と 青い 青い空。

こんな日に出かけてないなんてもったいない!と ドライブがてら Wisemans ferryへ。

Duralから奥へ進む道は 何度通っても 気持ちがいい。

遠くに 見えるブルーマウンテンズは ナゼ 青く見えるのか、、、何てムスメと話しながら。

ムスコは 全く景色を楽しむ訳でもなく 行き帰り共にドライブの間 終始 お昼寝ww


20170312201633377.jpg

さて 最初に、バイキーたちが集まる PUBで、パブメニュー:-)
20170312201644bca.jpg

この日は ミカン狩りのシーズンでも 何でもない日だったから バイキーだらけで 普通のお客さんが 中々見当たらない。

ほんと ここ バイキー天国って感じ。


でも ここが好きな理由は 広い プレイグラウンドが併設してあるところ。

20170312201635f9a.jpg

ダックたちの小屋や、滑り台。

2017031220164140b.jpg

それに 山に囲まれた この絶景!

オーストラリアにいたら この眩しすぎる日光は もうけっこう!!と思っていたけど あれだけ 雨が続くと、青い空と 青い川と 緑の山 の コントラストが 恋しくもなる。

さて このあとは Ferryで 向こう岸に渡り 山登りなのか トラックを歩いて見ようと思ってましたが、車を運ぶFerryが 修理中とのことで 車の列。

この川の向こうに行きたかったのですが。。。

20170312201849738.jpg

このままでは拉致があかん、残念ながら 山歩きは諦め そこにあるパークへ。

遊具たちが 変わっていました。

20170312201632128.jpg

201703122018559db.jpg

201703122018573f8.jpg


2017031220265763d.jpg


201703122018468d3.jpg

子供たちは その場でできたお友だち (アイザックとマチルダ)と ゲラゲラ笑い転げる始末ww

子供ってすごい、どういうシチュエーションからも すぐ友達になってしまうんやから。

ここでひとつ発見したことは ムスコの洞察力。

今までわたしが気づかなかったのか、まわりにいるお友だちをよく見ていて、聞いてる、ということ。

まぁ、うちの僕ももうすぐ4歳。

社交性も 姉の背中を見ながら ちょこっとづつ 出てきた模様。嬉しいね。


このパークの名物っていっていいほどの 楓の木は まだ 緑色の葉っぱ。

ほんの上の方に一部 黄色い葉も見えたけど、赤には まだ遠い。
20170313212230b0a.jpg

こんど来るときは 黄色と真っ赤に 染まっているかな。



さてさて、この日は 帰って夕涼みに またパーク。

お家から 徒歩5分ほどある、散歩中 見つけたパーク。

なんだか嬉しい、こんな近くに パークを見つけたことに。

この日は コドモたち念願、パーク三昧の一日デシタ。
「明日はウーマンズデ- やってー、」とツレから聞いて そんな日があったのだと はじめて知ったけど、

たまたま その日は お家での仕事が溜まりすぎ 在宅ワーク。

「ウーマンズデー やから 何か食べにいこう」と あやかり ランチへ。

私は カフェでお花が乗ってるような、きれいな軽いモノがいいのに対し、ツレはガッツリ アジアンがいいと。
Woman's day やからと折れてもくれず、Woman's day とはなんぞや、と思いながら フードコートへいき、そこで結構人気だった チャイニーズの、ヌードルやさんへ。

麺も 具材も全て自分で選んで、図り売り。

あとは 厨房で調理してくれるという仕組み。

チャイナタウンでも結構人気だったし、と、初の試み。

結果。。。



くそ不味い。


いやいや、うちのツレ、基本なんでも美味しい人で、味の許容範囲も 広いはず。


どうも スープに中国独特の何かが入ってたらしいけど、
店員に進められた ガーリックのすりつぶしと お酢を入れすぎたらしい。

まぁ、残念なランチだったわww


因に 私は冒険心無さすぎて やっぱ いつもの 日本のラーメン。

よかったーー、ヤツにのせられんでww



さてさて、久々 欲しい!と思うサングラスに出会い 買ってもらったぞ。

高いものじゃないけど、絶対自分一人だったら 買ってなかっただろうから。



こちらは 冬でも MUSTアイテム。

素直に嬉しい!

2月頭、ムスメが「お雛様出そうよー」という一言で 思い出しました。

そうか、そろそろ、そういう時期か~。

ムスメが丁寧に お雛様飾り。
IMGP9753.jpg

IMGP9751.jpg


IMGP9746_2017030419372768c.jpg

ちっちゃなおひなさま、ピアノの上に。
IMGP9730_2017030414121632f.jpg

日本語学校で手作りの壁掛け。
20170225193802d3a.jpg


さて、ひな祭り前日に はじめて二人でケーキつくり。

ロールケーキを作りました。

さすが、お菓子つくり失敗名人、スポンジがお世辞にもおいしいといえない出来具合でございますが、ま、いっか。(テキトウ人間)


当日は ちらし寿司 de お雛さま、 と 大人が大好き オイスターと サーモン。 
IMGP9749.jpg IMGP9744_20170304141831a23.jpg

おひとり様、一個づつ。 
IMGP9750.jpg

サーモンは バラの形に華やかに。
オイスターは ゆずポンで。

IMGP9747.jpg IMGP9745_20170304141833020.jpg

鶏とうづらの煮物 と わかめと貝のスープ。
IMGP9742.jpg

そして、デザートに 前日作った ロールケーキ。
IMGP9743.jpg

IMGP9740_2017030414122047e.jpg

売れゆき悪し(笑)




今年お嬢は6歳。

これまでも 滅多に風邪もひかずに元気に育ってくれ、ありがたいと感謝し、

そして これからも 無病息災を祈って。

今年一年も お守りくださいませ。
6年半、お世話になった ベビーカー。

先週 欲しいと言って下さった方に引き取られていきました。

まだお昼寝健在の息子もまだ使ってるけど、その頻度は極端に減り、お嫁に出しました。



これはうちにあった 最後のBaby用品。

当時、欲しい欲しいと思っていたけど、予算オーバー。

よし!ベビーカーを買いにいくぞ、と出掛けた日に この子が大セール、運命感じて 即買いした買った日のことを今でもよく覚えてます。

あれから 6年半、ムスメとムスコを運んでくれ 大活用しました。

思い入れが強かっただけに、他の人に渡るときは 心がキューっと 締め付けられる感じでした。

あー、とうとう うちには 赤ちゃんがいなくなったという気持ちと共に。



ただ6年以上も使ったものなのに、まだ使ってもらえるなんて、、、ほんと、よかったです。

3歳10か月 



おうち大好きっ子だった子なので、
比較的 買い物にもつれやすく、手を焼くタイプではなかったのですが、日に日にアクティブになり 

最近 初めて「公園にいきたい!!」と泣かれました。

201702251928202c2.jpg

ショッピングセンターでは 自転車を 毎回乗り回していたので かってあげたら 大喜び。

あとは ボール遊びが大、大、大好き。

父ちゃんとよく サッカーしたり、 おうちの屋根の上に ボールを投げて あそんでいます。

あと、ボールといえば・・・

20170225193749694.jpg
これ!

デイケアで いつも遊んでて、これで遊んでいるときは 迎えに行っても帰ってこないくらい大好きなので、買ってあげたら

毎日 朝から 晩まであそんでいる。

こういう ボールが動くのは 0歳児の時から好きだったなぁ。。。


お昼寝は健在。

お昼まで持たないときもあるし、デイケアでも ランチの途中で寝ていくことも たまに有りだと報告をうけた(笑)



デイケアでは 親友が二人いて、

一人はトニー、息子と同じく 言葉も遅く小さめの男の子、コードが全く同じ。

二人目は クーパー、 超オージー オージーの男の子、背も高く よくしゃべるペッラペラの男の子、

見たらお兄ちゃんみたいな感じで こんなにも対象的なのに、親友だとは・・・(笑)

ほとんどのお友達の名前を憶えていて、迎えに行ったときに 私に写真を見せては 「これはだれだれ」と教えてくれ、その日の出来事を話してくれる。

ほかにも 公園に行ったら たまたまデイケアのお友達がいることもあって、仲良く遊んでいる姿をみると

ムスコの世界も 徐々に 広がり うれしい限り。 

「明日はデイケア?」と 毎日聞いてきて 毎日楽しみにしている。

前年度からは 思いもよらないほど、楽しんでいってくれていて 一安心しているところです。

2017030111221210c.jpg



さてさて、タイトルどうり 遅い自我の芽生え

心の成長がはじまりました。

気に入らないと まぁ 叫ぶ叫ぶ、そして 泣く。

声が高いもんで うるさくて まいるって。

さらに 泣いたり 笑ったり、オーバーなアクションをすると、すぐに おぇっと リバース・・・

まだまだ 胃は 赤ちゃんのまま。(ほんとよく吐きます。私はその処理にイライラしっぱなし。)

今までひたすらかわいかったベイビーが 一日中 やることなすこと 泣き叫び、うんざり。

さらに次の日の朝から 何か気に入らず 大泣き・・・

ブチブチきれていたところに また一本 ブチッと切れ 

押し倒し、手を出しそうに・・・。

相手は3歳児、それにしても 怒りすぎました。

そんな 自分への失望感も 半端なくて・・・

男の子先輩ママに聞いてもらいました。




まぁね、もうすぐ4歳。

そりゃ、言いたいことだって、やりたいことだって、思いどうりにしたいことだってあるでしょうよ。

今までなかったのが 逆にありがたかったとおもいます。

ムスメの時は1歳児で 洋服選びからはじまり、自分でしたいと 騒ぎまくっていたんですから・・・。

そういうムスメの時の3歳児は もう 最悪・・・今考えても 一番 大変な時期だったし、それと比べてみたら まだ全然 ムスコ、

エンジェルのようなもの。

とは言っても、 その日は心底参ってしまい、「もういい加減にして!!」と ムスメの前で泣いてしまって・・・。

そしたら、ムスメが ムスコを連れて ムスコの口から「ごめんなさい・・・」と 言って 姉ちゃんの後ろに隠れました。

きっと 言わされたのだろうけど、その 陰で支えてくれるムスメに 感謝だったなぁ。


ムスメが3歳児の時は ムスコ0歳児、その時は ムスコの存在に助けられたけど、

今回は逆、これから ムスメの存在に 助けられながら 魔の三歳児と向き合ってます。

201703011122530dd.jpg


デイケアの先生にも 現況を話したら

「Well Done, mum!!」ってまず最初に褒めてくれて、こういう時の対処法を教えてくれました。

〇大きな声で泣いているときは 「Inside Voice」といって小さな声で話してということを伝える。

〇次になぜ やってはいけないことなのかを話す。

〇それでも 大きな声で泣き叫ぶときは、そこから 一旦離れる。

〇子供が泣き止み落ち着いたときに また寄り添い、なぜいけないのか 話をする。

〇夫婦 一環する。

子供は どこまでいけるか、どこまで YES と言ってもらえるか 試しているんだとか。

ママが ダメ、といっても 次は 父ちゃんに言ってみる。 もしかしたら 父ちゃんは YES といってくれるかもしれないから・・・

だから 夫婦で協力しないと いけないということらしく、

20170301112203704.jpg


先生に言われたように どんと構える、 その日から実行したら あらま、あの日ほどの 強いストレスを感じることは なくなりました。

ただ、これは一日でよくなるものではなくて、毎日の積み重ねだから、やっぱり これからも ムスコと向き合うことが必要なんやけど、気づいたことは 自分が 怒り狂って怒っても 相手には何にも 伝わらなくて、それは もっと 悪循環になること。

ほんと 先生に言われた通りでした。

自分が 落ち着いて対応していたら (毎回は出来ないし、まだ プンプンおこってるけど、そういう時はツレに丸投げし(笑))

単純なムスコなゆえ、むしろ やりやすいのではないかな、と手ごたえを感じているところです。


先生や、周りの友達ママちゃんズ、学校のママさんズ、いろんな人の支えあって 子育て& 育自 をしていけてます。

ほんと 感謝だらけ。 ありがとう。


小さなムスコよ、大きく羽ばたけるように 成長いっぱいしておくれ~!!


トリコ

Author:トリコ
♥。住まい♥。  SYDNEY
(オーストラリア) 

♥。2010年7月 BABY GIRL・さくらんぼ誕生♥。
♥。2013年4月 BABY BOY・つばさ誕生♥。 

♥。主婦暦9年目 4人暮らし♥。

 
「You Are What You Eat」
TVから聞こえてきた
この言葉に感心し、
楽しく美味しく食事をする事に、
日々努める次第でございます。

♡♡華のあるLIFEをモットーに♡♡

~コドモ日記はパスワード制にさせていただきました。~

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

アクセスカウンター