♡トリコ♡ シドニーの鬼嫁日記

鬼嫁ことトリコ、韓国系オージーのツレ、2010年7月生・さくらんぼと、2013年4月生・ニタロウと、 シドニーで4人暮らし。 スローライフで見たものや感じたことを綴っております。 

以前 日記にも書いたように トリ家では すでに お雛様が飾られているのですが・・・

節分が終わりましたので(特にうちでは何もしていませんが)

今年も 吊り雛 と タペストリーを 出しました。

IMGP8263.jpg IMGP8269.jpg

吊り雛は コドモ部屋の入り口に吊るそうかと 思ったのですが、ネコちゃんのお雛様たちが 大のお気に入りのため、コドモの手の届くように コドモ部屋の ドアのノブにかけました。

ホンモノのお雛様には そこまで興味を示さないのに、この ネコ雛たちには 興味を示しまくり。
 
「かわいいねぇ~。」と ドアの前に行くたびに ヨシヨシしている姿が なんとも可愛らしい。

ぶっきらぼうな飾り方やし、本当は引きちぎられたくない!という思いもあったのですが、手にとって 触らせてあげて、「大事」という事が わかればいいかな。

オトナも癒される この風貌↓   かわいいにゃ。
IMGP8273.jpg IMGP8274.jpg IMGP8277.jpg

そして、こちらは 自分用。

毎年のように このブログに登場している トリコ母作タペストリー。

IMGP8271.jpg

ビーズで作ったお雛様たち & トリコのイニシャル入り。


今年は 娘も ひな祭りの意味が 少しわかるといいな。



一月は猛暑日が続いているといっていた矢先、一月下旬からは なんと雨の日が多いこと。

オーストラリアの東海岸では 洪水の被害がでているほどです。

気温も 昨日なんて 最高気温が20度に達することがないほど 肌寒い日だったり・・・(暑がりニンプにとっては最高の気温なのですが。)

でも ウチには 雨になると 「傘持って~、レインブーツ履いて~、公園いこっか。」と喜ぶ人が一人。

IMAG1073-1-1.jpg

傘をさすことに喜びを覚えているものだから 仕方がないと、ツレが土砂降りの中 公園に連れて行っても 途中で飽きてしまって、帰ってきたら びしょびしょ。

やっぱり まだまだ レインコートは必衰です!!


そんな 雨の中、子のエナジーを発散させるため、広い店内を歩かそうと IKEAへ出かけることがたまにある。
(買うものは 特にないのだけど)

そこで 今 トリ夫婦のはまっているもの。

IMAG1076.jpg

シナモンロール 5 FOR $3

その場だと熱々やし お安いうえ、美味しいよ☆

最近 ツレがこんな話をしてきた。

「TVか何かで聞いたけど、一人以上の子供がいたら みんな自分の子供で 同じように(同等に)かわいいはずやけど、やっぱり その中の一人が 他の子より可愛く感じるみたい。」と。

トリ夫婦には 今はまだ 目の前にいる子が 一人しかいないため、そういう感情は まだわからないのだけど、うん、そうだと思う。

男女の子を2人持つ韓国人のオンニに聞いてみたら 「上の男児の方が 産まれた時からずーーっと手がかかって大変やけど、大変やからこそ もっと可愛く感じる。」と言っていたし、

男の子2人の兄弟を持つ 国籍の違う友達に聞いてみたら 「弟の方がまだ BABYな分(お兄ちゃんはBABYらしさがすっかり抜け、口が達者な為もあり)やっぱり 下の子のほうが 可愛いく感じる。」と言っていた。

トリコは3人姉弟の一番上、長女で、産まれた時からネコ可愛がりだった父からしたら オトナになっても トリコが一番可愛く思ってくれているものだと聞いてみたところ、「いや、一番下の弟が一番かわいいな。」と サラッと言われたことがある。

ショックとか そういう意味ではなく、単に「へぇ~~。」と思った。

きっと 平等に対応してくれようとしている父の姿を見ていたから、その答えに対して 何の悪気も無いのがわかるからだと思う。


で、気になる 私たちのコドモに対して。

そういう感情が入るのだったら 子供一人 愛情たっぷり注いであげたらいいんじゃない?!なんて思ったりもするのだけど、それはそれ。

自分がどういう感情を抱くのか 少し楽しみでもある。

IMGP8209.jpg





ちょっと話がちがうけど、最近、感じることが一つ。

2歳児、この時期 めっちゃ手がかかり イライラで怒ってばかりと、何度も日記に書いてるけど、その反面 めっちゃ 可愛い。

面白いことに めーーーちゃ 怒った後「あんたは、なんでこんなに可愛いの?!」と 連発!!

1才未満のBABYの時は 目の前にいる娘が本当に自分の子、という実感があまりなく、赤子の可愛さはあるけれど、なんだか 他人行儀な部分もあって。

一歳を過ぎてから どんどん できることは多くなり もっと 自分の子との繋がりを感じはじめ、2歳を過ぎてからは 恐ろしいほど うっとおしいが、このうっとおしいは 可愛さの裏返し。

おしゃべりもどんどん 上達し、行動もオトナのマネばかり。

毎日 娘が話すボキャブラリーに、何気ない行動やしぐさが自分そっくりだったりしたりして・・・驚きの連発。 

IMGP8194.jpg

昨日 ツレが 母子の会話を聞いて「今さっき喧嘩してたのに、もぅ いちゃいちゃしてる。おもろいなぁ。」と言ってきた。。

私としては 一方的に子を叱りつけているだけやったのに・・・そうか、ツレがきいたら 子も言葉で反撃して 喧嘩もできるようになっていたのか、と 感心しました。

そう、それに、自分がプンプン怒った直後でも 「可愛いね~。チューしよっ!」と チュー攻撃。

益々 一人の人間らしくなり (顔がどうのこうのじゃなくて) 益々 可愛い!!

「手のかかる子ほど可愛い。」 この言葉の意味は 何人かの中で~ というのが前提なのかもしれないけど、 手のかかる今の時期だからこそ、可愛い。

そんなことを 最近 フっと思いました。


IMGP8215.jpg IMGP8218.jpg










 






 
今年の夏は 猛暑日多いと日記にしましたが、そのため、プールへ出かける頻度もめちゃくちゃ高いトリ家。

オリンピックパークのプール
IMAG0897-1.jpg

トリコも暑がりニンプで お水の中にいるのは とても気分がいい。 

そして何より 一番お水を喜んでいるのは 他の誰でもない、さくらんぼ。

最近 お昼寝の時間を惜しんで 遊ぶようになってきたし、お嬢のエナジーを発散させてやるのにも お水はもってこい!!

オウチでもプールをするのですが、やっぱり 遊びに限界があるし、飛び込みジャンプとか 泳ぎの練習をさせてあげることはできないし。

今日 日記にしたいことは 飛び込みジャンプのこと。

さくらんぼには 足のつかない深いプールに飛び込む練習を始めたところ 最初は 小さく 抱きついてくるくらいのジャンプだったのに、5分後には 走って勢いをつけて 大きく ジャーーンプ!!

その5分後には 飛び込み台から BIG ジャーーンプ!!

一度 飛び込んできたさくらんぼを キャッチしそびれて おぼれたのに 大笑いして「ONE MORE!もう一回!!」

結局 「もう終わり」と親が強制的に終わるまで ジャンプに 燃えに燃えまくっていました。



よく そんなにも パワーがあるなぁ、と ただただ 感心。

しかし ジャンプ好きな娘やからこそ、泳ぎの練習は おぼれないように 身につけて欲しい技でもあるのです。

もちろんのこと、バタ足を練習させてみせても、上手にできず。

でも その練習の効果あってか、テレビのニュースで水泳選手が出てくると 同じように うつぶせになり バタ足して 手もバタバタさせている。。。

一応 泳ぐという行為を 見様見真似で 覚えようとしているみたい(笑)


あと、オリンピックパークのプールには 子供用の滑り台やお水のアトラクションがあるのですが、今までは一人で遊ぼうとせず 親と一緒に滑ったり遊んだりしていたけど 一人で順番待って 一人で滑れるようになったこと。

一気に できることが多くなって 母ちゃんも父ちゃんも ビックリ。



今年の夏も まだまだ これから。

母ちゃんはお日様アレルギーでビーチにはあまり連れてってあげれない代わり、私の体力が持つまで、プールにいっぱい 連れて行ってあげよう。




さくらんぼ 2歳半になりました。

「いつの間に こんなに大きくなっていたのやろう。」
IMAG0983-1-1.jpg IMAG0987.jpg

プラムで寝ているときに 改めて ツレと感激しました。

赤子の時はここにおさまるくらいだったのに、今ではもう 縦にも横にも はみ出しそうです。

寝ているときは やはり いつまでたっても 我が家のPRINCESSですが、起きると LITTLE MONSTERに豹変。

怒ることが多い毎日ですが、少しづつ ダメなことはダメと わかってきた様子。

でもまだまだ 隠れてポンプ式のクリームを全部出してみたり、ウチに小さな食品倉庫室があるのだけど、そこに入って こっそりお菓子をたべていたり・・・。

「頭隠して 尻隠さず」 怒られるのわかるから、ダメって怒られることは 隠れてするようになったのだけど、よく お尻が隠しきれてない!!

可愛すぎるから ついつい 許してしまいそうやわ(笑)


ただ、トリコも「して欲しくない事」「自分にとって都合の悪いこと」も 「ダメ」と言ってしまうのが悪いところで そこは治したいところ。

そして 言葉もどんどん上手にになってきたし、理解もしているのだから、自分たち(親)が話す言葉にも気をつけたい。


~言葉~

●言葉といえば、やはり 日本語がメイン。 言葉を話すのはまだまだ おぼこい感じやけど、自分の伝えたいことは伝えれるようになってるみたい。

例えば 混ぜないといいたい所を「混ぜる NO!」となったり英語と日本語が混ざった言葉になることも。

韓国語力は 義理兄たちの滞在中に ちょっと吸収したようで、初めてヒトコト 3ヶ国語がでてきました。

●「オヤスミ」「チャルジャー」「Good Night」 (全てオヤスミの意味)

これが 最初で最後の3ヶ国語にならなければいいけど・・・。

●後、「何コレ??」がブーム。

何コレ? 何コレ?・・・・・・まだ 名詞だから答えれるものが多いけど、「何で?何で?」になる日が怖い。

●自分のことは ソフィー。これは二歳になるかならないか頃から。 自分を「サクラ」と呼ぶのが難しかったようで 英語名で呼ぶように。 そしてダダ(おとん)はダディーに変わり マミー(おかん)は たまに「マーム(Mum)」と呼ばれるようになった。 たぶん DAYCAREで覚えてきたのかな。

●大の得意ソングは ABC SONG、と TWINCLE TWINCLE LITTLE STAR(お星様の歌)。

前まで音楽のDVDを見せても 一緒に歌おうとせず、じーーっとDVDを観察していたのだけど、ここにきて、やっと いろんな歌を歌うようになってきました。おもちゃのマイクをかってあげると 大喜びでした。

●どこで覚えてきたのかしらんが、英語で数を数えれるけど1~12くらいまで 数えれるけど、それから ずーーと「19(ナインティーン)、19,19,19・・・」永遠に 19(笑)


~行動~

●クリスマスプレゼント編で 両親(トリ夫婦)からのプレゼントを書くのを忘れてしまいましたが(汗)、今年のプレゼントはキックボート、っていうのかな? 写真のこちら。

IMAG0980-1-1.jpg IMAG1016.jpg

おもちゃ屋さんにいったら ずーーっと遊んでいるから ツレがクリスマスまでは 随分あるけど買ってあげると たしか11月にお買い上げしたけれど、お家にあると 全然見向きもせず。しばし放置・・・。

しかし ここ数日 自分から興味を示すようになり、おうちの中やら 外でも遊ぶように。

めっちゃ遅いし、方向転換できないけど、昨日は ダディーと公園いって 一時間 これだけで 遊んでいたみたい。

●そして 三輪車も ついに こげる様に。

でも、まだまだ 力がないのか、それとも 要領がわかっていないのか、あまり前に進まず 結局 自分で押してはります。

●ちょける。 恥ずかしいとすぐに ちょける。 変顔ばっかりする。(←これ絶対ツレのマネ) 

●飛ぶことに夢中。 ウチではソファー、ベッドで跳ねる、跳ねる。ウチにはないけど 韓国人のお家にいくと トランポリンから降りようとしないらしい。

●なんでも自分でしたがる。 前回書いた プリンセスのお着替えも 自分で服を脱いで 着たがるし、パンツも上手にはけないけど、まず 自分ではきたがる、シューズも、ソックスも全て。(ちなみに 成功率は低い。)

一番 怖かったのは 目を放した隙に 一人でシャワー浴びていたこと。

「アワアワ(おふろ)するー!」と (まぐれにも)服を一人で脱いで シャワーを出して シャンプーで頭を洗い、ボディーソープでアワアワ。 下はタイルで 滑ってこけたらえらい事になる・・・これから 水の事故にも気をつけないと!!と本気で思いました。


~トイレット~

●たまーーに プーを パンツでしよる。。。怒られた後は 上手にトイレで。

でも、おうちにいる間は おしっこ、プーともに ほぼ 完全トイレでできるようになってきたかな。

●お外でのトイレも トイレが近くにあったら ほとんど成功しているけど、遊んでいて 自分でも気付かないうちに尿が迫っていて、「おしっこ」といった瞬間 ジャーーと おもらしする時もあったり。

あと、Daycareでのトイレが どうなっているのか・・・。

明らかに パンツにおもらしをした形跡があったり、プーもパンツでしてしまったりしているようです。

Daycareでは そんなに構ってもらえていないはずやから 「自分でトイレにいくように」と 毎日 口を酸っぱくしていっているのですが、その場になるとできないのかな~。


日によって 完璧だったり、何度もおもらしをして怒られたり。。。

まだまだ 前進したり、後退の毎日です。 



~Daycare~

泣かずにいけるようになったと日記にしたはずなのですが・・・現在 送りの時には ギャン泣きです。

特に クリスマスホリデーを挟んでからというもの、(DAYCAREは OPENしていましたが 韓国から甥っ子もきていたため 3週間くらいオヤスミしていました。)父ちゃんが車でどっか連れて行ってくれる、父ちゃんと毎日遊んでもらえる、 と思い込んでいるらしく、「ダディーのくまら(車)いく。」と朝から 大泣き。

仕方がないから 車で送りにいくと、DAYCAREの前に着くと 顔が鼻水とよだれでドロドロになるくらい ギャン泣きして 親にしがみ付き 離れようとせず。

威力は さらに増してしまいました。

そして 「今日はDAYCAREじゃないよ~。」という毎日。

どんなけ 行きたくないねん・・・、母ちゃん 悲しいわ・・・。

ほんと 悲しくて 涙がちょちょぎれる。

この時期を乗り越えてくれると信じているけど、さすがに ここまで嫌がられると、考えてまう。

「この子には 少し早いのかな、一旦辞めて 3歳くらいまで待ってみようかな・・・」とか。

ただ、お迎えに行くと 朝のあれはなんやった??って思わせてくれるほど 「MU~M!!」と笑顔で近寄ってきてくれ 「楽しかった?」と聞くと「楽しかった~」と答えてくれる、今は それだけが救いです。






「マミーあっちいって。」

今まで完全なる DADDY"S GIRLだったのに ほんのたまに「マミー、マミー」と近寄ってきてチューの嵐 くれる時も。

カ       ワ       イ       イ !!!!!!!!!!!!!



可愛いやら うっとおしいやら メンドクサイ 月年齢ですわ(笑)



トリコ

Author:トリコ
♥。住まい♥。  SYDNEY
(オーストラリア) 

♥。2010年7月 BABY GIRL・さくらんぼ誕生♥。
♥。2013年4月 BABY BOY・つばさ誕生♥。 

♥。主婦暦9年目 4人暮らし♥。

 
「You Are What You Eat」
TVから聞こえてきた
この言葉に感心し、
楽しく美味しく食事をする事に、
日々努める次第でございます。

♡♡華のあるLIFEをモットーに♡♡

~コドモ日記はパスワード制にさせていただきました。~

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

アクセスカウンター