♡トリコ♡ シドニーの鬼嫁日記

鬼嫁ことトリコ、韓国系オージーのツレ、2010年7月生・さくらんぼと、2013年4月生・ニタロウと、 シドニーで4人暮らし。 スローライフで見たものや感じたことを綴っております。 

さくらんぼの風邪が 親のトリコにまで移ってしまい、二人して 鼻水たれで、私は それプラス咳で しばし休息中。

本当は 一日早く 明日 AUSに帰る予定でしたが、少しマシになるようにと、休息日をつくり、一日延長しました。たった一日やけど、ツレは 毎日カウントダウンしながら 帰りを待っていてくれてたので 少し申し訳ないな。

さて、そんな中、地元遊びをしようと、一度も 足を運んでいなかった 子育て支援センターにいってみました。
(よかった、一度でも 足を運べて)

私の小学校の母校の一室が 子育て支援センター
z 9,5  (1)

久々に 近くでみる校舎は コドモのころみた校舎とは かなり低い。

あれ?洗面台も こんなに低かったっけ??

でも 廊下だけは 相変わらず 冷たそうで 長かったな~。

ここにも 私とおなじく、オーストラリア(パース)に住んでいて 一時帰国中なので、とこのセンターをおとづれる親子もいらっしゃったよう。

残念、トリコはタイミングがあわなかったのですが。。。

ここでも 色んなお母ちゃんから言われました。

「お子さん、まだ一歳なんですか?2歳には見えますね。(大きいですね。)活発ですね。(・・・ですね。)」

ははは。笑っておこう。そして 喜んでおこう。


z 1,5  (8)

さて、本題の「子育て」についてですが、

今まで(AUSにいるときに)子育てについて、まじまじ 考えたこともなかったし、手探りでやっていて、子それぞれ性格があるから、一概に 何が正しい、何が悪い やなんて、親の私が決めれるものでもないと思っていて、

まず、人に危害を加えたときや いけない事をしたときに 怒ることにしてました。

ただ、日本にやってきてから、どうしても この日本社会では やってはいけないこと!という行動ばかりが目について、急に 我が子が「悪い子」に見えてしまいました。

「悪い子」には ちゃんと 怒ってわからせないと、と 周りから 助言も頂いたりで、日本に来て早々、子育てという壁にぶち当たり・・・涙がポロリ。

まだ1才の自分に 悪い子なんて この世にいないはずで、親である私が 自分の子に対し、悪い子と 見てしまっていることも悲しいが、今まで育ててきたことは間違っていたのだろうか。。。

それに、親であるトリコから こんな風に思われている さくらんぼが あまりに かわいそすぎる。

たしかに わがままで 負けん気で (誤ることはできるのに)怒られると意地でも誤らない ほんと お隣(韓国)の赤い血を受け継いでいるなとおもう場面もいっぱいあります。(と、表面上ツレのせいにしているのですが、完全に トリコ譲りのわがままっぷりだと感心してしまうほど・・・(汗))

母に相談したところ、たしかに、日本社会でやっていくんだったら 怒って教えていかないといかん部分はいっぱいあるけど、またお国が変われば、尊重する部分がかわってくるやろうし、トリコが思うように やっていったら いいんとちゃうか?!

と、言ってくれ、かなり 救われました。



人様に迷惑になるようなこと、それに 人様に危害を加えたり、自分が危ない目をすること、それに 世界共通 いけないこと、を教えていくのが親の役目。

後は、娘の性格を よい方向に伸ばしてあげれるような親になりたい、と 改めて思っています。

z 1,5  (2) z 1,5  (4)

昨夜のことですが、眠る前で 気が立って 「あかん!」ということばかりするもんやし、トリコも風邪ひいていてしんどかったということもあったのですが、いっぱい 怒ってしまいました。

さくらんぼも 負けん気が強いもので 逆に叩いてきたり 物を投げつけてみたり 大きく反抗。

そのままプイッと 私一人でオフロにいったら、お風呂のドアの前で 「マミーー、マミーーー」と大泣き。

大好きなじぃじが抱っこしようとしても、ヤミー(美味しいもの)をあげようとしてもダメ、

きっと このまま 母親に捨てられる とでも思ったのかな。

「全然 凝りねぇヤツ」と思ったりもしたけれど、怒られて 相当 ココロに引っかかるものが あったのかな。
(かわいそうなことをした。)

まだ 子が小さく 赤ちゃんの頃は 自分の子に対して 怒ることなんかあるのだろうか、と思っていたけれど、最近は 怒ってばっかり。

「褒めて褒めて いいところだけ伸ばして 育てて生きたい!」

と思っていた育児、 

実際には自分の気の短さに がっかりですわ。




でも やっぱり 褒められると 嬉しくって また褒められたくって 何度も何度も同じことする。

やっぱり 誰でも一緒、褒めてほしんよね。

いっぱい 褒めてあげよう。

そう 努力しよう。


子育てをしている方、みんな同じことをおもうのだろうけど・・・

子育てしているうちに、コドモから教わることって いっぱいやわ。




コメント

マジなブログに対して申し訳ないんだけど、思わず笑みがこぼれてしまうくらい、同じことやってるなーと思いました。
日本はどう考えても先進国の中で一番、子育て環境に関しては後進国と思っていい。だからその日本にあわせて育てようとする必要は無いと思ってるよ。辛い時にめげない忍耐力、丁寧に仕事をするキメ細やかさ、そういういいところは日本人として教えていってやれたらいいね。
私も毎日怒って子供のこと嫌になって、繰り返してるよ。このへんは母ちゃんの性格もあると思うけど、たいていの人は聖母なんかにゃなれないわけで、まぁこんなんもアリかなと…信じたいね(笑)
大丈夫よ、シドニーに戻ってきたら早くダーリングハーバーへおいで。超ヤンチャ&母ちゃんの制止なんか聞きゃーしないキッズが手ぐすねひいて待ってるよ~

カンカンママへ☆

同じことやってるなぁ~、と思ってもらえて ほんと光栄だわ!!!!
虐待の域に入るのではないかと思うくらい 怒りっぱなしで、なぜか、そんな母ちゃんが「やってられねぇー。」なんて思ってしまっていました・・・が、こっちに帰ってきて、ほんの1日や2日、あたしゃこれでよかったのだと、思えたよ。
なんせ、ツレの猫かわいがり・・・あたしゃからみても 甘やかしにもほどがあるとおもうので、母ちゃん、しっかり 怒っていこうとおもえるわけです(笑)

と、環境変われば(AUSに帰ってきて)、またもや ↑こんな風にコロッと変わってしまうのか、と思うくらい、自分の置かれている立場(状況や環境)って、大きく影響するのだと思わされています。(特に わたくし、流されやすい性質をもった人間なのかもしれませぬ。)

子育てが始まるころかな、オーストラリアや、もちろん日本、それに韓国のいい所だけを いいとこ取りしていけたらいいなと思っていたけど、相手(子)ありの商売ですから、そういうわけにも行きませんな。
でも、かんかんママのおっしゃるよう、「辛い時にめげない忍耐力、丁寧に仕事をするキメ細やかさ」って言うのは 学んでいってほしいものだわ。

それと、ダーリングハーバーへ戻れること所があるってステキ!!
うん、みんな、そのうち やんちゃくれもう一人、参上するので相手しておくれ~~☆

あれーやっぱり、送れてないや。


ってか、長旅お疲れ様。そして忙しい中電話ありがとね。
そうなのよ、日本良いところ沢山あるけど、細かいのよね。
キツキツの所もあるし。
でも、これだけは言える。けして悪い子じゃないよ。
素敵なパパと、ママの子供だもん。

お母さんが言うように
良いところ沢山誉めて伸ばしてあげれたらいいよね。
誉められると本当子供嬉しそうにするもんね♪

dollyちゃんへ☆

もしかして 何度かコメント残してくれたのかな?

いやいや、帰国したとき、そして帰るときと 電話くれてほんまにありがとう!
ドリーちゃんのそんな細かな優しさに 感激です。

ありがとう~、さっき 日本の友達からもメールもらってて、サクラの その減点だらけの性格が かわいいといってくれる先輩ママもいるわけで、なんなら、この先も その性格でいってもらおうじゃないの、って 気になってきた・・・単純。(笑)

そうやなー、どりーちゃんのように、優しいママには とうていなれそうにないけど、「鬼ばば」としてがんばるでぇー!!(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toricohime.blog36.fc2.com/tb.php/928-4870ae93

-

管理人の承認後に表示されます

トリコ

Author:トリコ
♥。住まい♥。  SYDNEY
(オーストラリア) 

♥。2010年7月 BABY GIRL・さくらんぼ誕生♥。
♥。2013年4月 BABY BOY・つばさ誕生♥。 

♥。主婦暦9年目 4人暮らし♥。

 
「You Are What You Eat」
TVから聞こえてきた
この言葉に感心し、
楽しく美味しく食事をする事に、
日々努める次第でございます。

♡♡華のあるLIFEをモットーに♡♡

~コドモ日記はパスワード制にさせていただきました。~

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

アクセスカウンター