♡トリコ♡ シドニーの鬼嫁日記

鬼嫁ことトリコ、韓国系オージーのツレ、2010年7月生・さくらんぼと、2013年4月生・ニタロウと、 シドニーで4人暮らし。 スローライフで見たものや感じたことを綴っております。 

皆様 こんにちは。

流産のご報告後、たくさんの人から お言葉をいただきました。

きっと 言葉を探すのに大変だったと思います、私が逆の立場なら なんと声をかけていいのかわからずにいただろうと思うから・・・。

既に母の方も、そうでない方も たくさん 励ましのお言葉をかけてくれました。

同じ経験をされた方からも たくさんメッセージを頂き、涙ながら読ませていただきました。

本当にありがとうございました。

そして、ご心配をおかけしました。

お腹のBABYちゃんとは 2日前に さよなら してきました。





あれから・・・・ つわりが悪化し、吐いても吐いても吐き気が治まらず 眠るのも辛い日々が続きました。

事実を知った日、そして次の日と 現実を受け入れるのが辛すぎて たくさん泣きましたが、このブログを更新した後からは、正直 自分の体(つわり)の辛さで 「あと2日、あと1日」とカウントダウン状態・・・。 

そして 3日前、大きな病院のクリニックにて、ドクターと問診をしました。

そのときに 血液検査をしました。ホルモンの数値を調べる為です。 

結果は前回 3、4日前にに検査したときの 高い数値に比べ、まだ高い数値とはいえ 半分に減っていました。


私の体がようやくわかりだし、流産をおこしかけている証拠だったそうです。

このままいくと 7日から10日くらいで 自然にでてくるでしょうとのこと。

ドクターは、このまま 自然にBabyが出てくるのを待つか、それとも 手術を行うか 私に聞いてきました。

私としては もうすぐにでも手術をして この辛いつわり、そしてこの妊娠を終わらせたいという気持ちでいっぱいだったのですが、やはり 手術、簡単な手術とはいえ、人間の手で体に器具を入れるのだから リスクがあるわけじゃない、ことを説明をしてくれました。

Babyのサイズは6週目。

4,5週目だと、生理として 自分で流れ出ることが多いし、7週目以降だと サイズも大きくなり 手術をしたところで babyをミスすることないけれど、6週目というのは とてもトリッキーなサイズらしい。

まれだけど、手術をしたにも関わらず、Babyをミスして お腹の中に まだ残してしまうこともあるんだそう。

他にもリスクを聞いたけど、やっぱり Babyが自分ででてくるのを待っていられるほど 気持ちに余裕もなければ 体の辛さにも余裕はなかったし、「終わりたい」と言う気持ちが大きくて、手術の手配をしました。

しかし、Emegency(緊急)度を1、2、3に分けると私は 緊急度の少ない3のレベルで、本日中には 手術は出来ないといわれ、次の日の朝 またまた 病院へ戻りました。

(Public Hospital(公立の病院)ですから・・・(涙))


次の日の早朝、病院に戻り、手術の準備が スローながら 行われました。

しかし、私の家系のせいもあり、血管が細く見つかりにくい、前日の血液検査も、大苦労・・・(手のひらから血液を取りました。)この日も ドクターが2人 両手に ブサブサ 注射針を差しまくるが ダメ。

結局 両手のひらにも 注射針を差されるが、これも ダメ。

痛くて痛くて 勝手に涙がでてきます  & メデシケーションを摂取している為、お腹が急激に痛くなって お腹に鎮痛剤をブサっとさされる & つわりで吐く

ほんま 死ぬかと思いました。

本来なら まだ 数時間待たされるところだったみたいだけど、手術事前に 緊急度1に切り替われ、その場で 手術室に入りました。

もちろん それからの記憶はございません。

これが Babyちゃんとの最後の時でした。




子を宿すというのは、子にとってもそうですが、母ちゃんにとっても命がけです。

命がけで守りたい 小さな命を失った・・・。なのに なぜか 涙はでてきません。

その前に 泣くだけ泣いて、本当に 気持ちの整理がついたんかな?????

トリコ自身の飽き性な性格が邪魔をして、泣くのにも飽きてしまったんやろうか??

自分の中で どっか きれてしまったんかな??

最後のつわり & 病院2日間缶詰状態 が そんなに辛くて 開放感の方が強いのか??



涙の出ない理由、今はわからないのですが、BABYちゃんを忘れたいわけでも、忘れたわけでもないよ。

いつか また会える、と信じてるし、前向きなさよならなので、きっと泣いてばかりいたら お空から見ているBABYが 心配で次に戻ってこられへん、と思うんです。




それに、今まで朝からソファーで寝たきりだった母ちゃんでしたが、次の日の朝、つわりもほとんどなくなり、久々 さくらんぼと全力で遊んであげました。

そしたら さくらんぼが大笑いしてくれたんよ。

今まで見せてくれた さくらんぼの笑顔は 作り笑いやったのに。

めっちゃ 嬉しかったなー。

それと、今まで母ちゃんに抱っこもあまりしてもらえなかったさくらんぼ、この日はいっぱい抱っこしてもらえ、よほどうれしかったんかな? 

小さな頃から 母の腕の中で眠っていくことが少なかったのに、この日は お昼寝前に 「抱っこ」と手を伸ばして 抱っこをしてあげると そのまま眠っていきました。

今まで いっぱい 我慢してくれたんやね・・・。


夕方 父ちゃんがお腹をすかせて帰ってきたので、簡単に 親子丼と味噌汁を作ったら、キッチンに立つトリコの姿 & 久々の温かい手料理 に感動して 大喜びしてくれたツレ。

ほんの 当たり前のこと、普段の生活に戻っただけで、こんなにも 喜んでくれる人たちがいる。

母ちゃんは おウチの中では中心の人物であり、やっぱり 泣いてたらあかんねんやわ。

元気をくれる 家族の為にも・・・




もしかしたら、自分の知らんところで 少し 無理をしているところがあるのかもしれません。

いつか、すこしづつ 気持ちの整理がついてきた頃に さくらんぼ以上に ギャン泣きする日がくるかもしれません。

でも、その時はその時、たくさん泣いて また 今と同じ気持ちに戻れると思います。 




ある方がおっしゃって下さいました、お腹のBabyちゃんは トリ夫婦にたくさんのメッセージを残してくれれたはず!!と。

おっしゃるとおりです。たくさんのメッセージを残してくれました。

それに「当たり前にこの世に存在している人って奇跡の塊」って。本当にそうやね、Mさん。

(逆に Mさんの経験・お言葉を聞いて 泣けてきました。)

もちろん、こんな辛い経験 二度としたくないけれど、きっと この妊娠がなければ 感じなかったこともたくさんあったかと思います。

それだけで、この子に出会えた奇跡を ただただ 感謝でいっぱい。

「ありがとう」で いっぱいです!






To My Little Tiny Tiny Baby


マミーと ダディーのところに やってきてくれて ほんまに ありがとう。

Babyちゃんから たくさんのことを 学びました。

今回はお腹の中で 大きくしてあげられへんくて ほんまに ごめんね。

今度戻ってきてくれるときには マミーは お腹の中に フカフカのベッドを用意して待っています。

ダディーは 産まれた後に眠る フカフカのベッドを用意して待ってます。

桜花オネエは、BigハグとBigキスを用意して待っています。

マミーとダディーが また親として 人間として 一つ成長したときには 私たちのもとに 戻ってきてね。

それまで さようなら・・・

また いつか Babyちゃんと会える日を 心待ちにしてます。

                        マミー、ダディー、そして 桜花オネエより











 



ブログを始めた当初、日本の母に、韓国人に嫁いだ娘は 遠く離れたオーストラリアで 「こんなんして暮らしてますねん」、「こんなん たべてますねん」、「元気にやってますねん」というのを知ってほしい理由に はじめたブログ。

今では お友達にもたくさん見てもらえ、それに 共感してくれる人がいたり、境地にさらされると いつも励ましてくれる人がいたり、今回も たくさんの人に支えられました。


ブログ以外でも 他に、こちらで家族のように仲良くしてくれている 韓国人家族たち、

今回も出血が多かったと聞いて、「わかめスープ」や 色々 お料理を運んでくれました。

知らなかったけど、このオンニ達も 同じ経験の持ち主でした。


いろんな人のサポートが 本当に 温かすぎて 言葉になりません。

逆に 自分が支えてもらった分、いつか、何の理由にしろ誰か悲しんでいたら (自分が反対の立場に立ったとき) 少しでも力になりたい、と 強く願っています。

THANK YOU SO MUCH!!















































コメント

トリコちゃん、ブログで一連の事読ませてもらいました。
本当に悲しくて辛い経験だったね。
赤ちゃんを失ったショックに加えて、ツワリや手術の苦しみ、、本当に試練の時だったと思います。
もし自分がトリコちゃんの立場だったら、、と思うと、本当に言葉がありません。

でも一つ思ったのは、お腹の赤ちゃん、トリコちゃんや旦那様、そしてサクラちゃんにここまで大切に想ってもらえた事、すごく幸せだったんじゃないかなってこと。
私が赤ちゃんだったら、きっと「ありがとう」って思ってると思うから。

ほんとこの世に元気な姿で生まれてくるってことが、いかに奇跡でラッキーなことだったかを思い知らされるね。
私も改めてそう感じさせてもらえた事、トリコちゃんの赤ちゃんに感謝です。
今はしばらく安静が必要かもしれないけれど元気出してね!

まりさんへ☆

マリさん、励ましのお言葉 本当にありがとうございます。
悲しいご報告になってしまったこと、残念でしかたありません。

もちろんこの先 同じ経験は二度としたくないけれど、でも、この経験で たくさんのことを学めたこと、感じたこと、これだけでも、赤子がやってきてくれた意味があったと信じています。

マリさんに赤子もありがとうと思ってくれているといってもらい、幾分も救われます。

もう、普段のトリコに戻りましたが、無理をせず、体の回復を優先させ、ボチボチやっていきますね。

ほんとありがとうございます!!

マリさんの韓国レポートも 引き続き楽しみにしていますね☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま(Gさん)へ☆

こちらの方こそ、気を使わせてしまい申し訳ないです。
逆の立場だったらと考えると、こうして お声をかけてくれるだけでも 感謝の気持ちでいっぱいなんです。嬉しくて、そして優しいお言葉に ココロにしみます、涙がでます。
励ましのお言葉ありがとうございました!

今回は残念な結果になってしまいましたが、おっしゃってくださったよう、また 戻ってきてくれることと信じています。
だから なぜかとても前向きになれるんだと思います。

全然 素敵ファミリーとは程遠い家族ではありますが、一歩でも近づけるよう、がんばりますね☆

でもこの件で さくらんぼと同じお誕生日のお友達と知り合えたこと、とても嬉しく思います☆
これからも、一緒に成長を楽しみましょうね!(いえ、こちらが成長させられているのかな?!笑)

そして、Gさんの第二子が無事に生まれてきますように・・・☆
ココロから祈っています。 + 楽しみにしています☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toricohime.blog36.fc2.com/tb.php/827-c0bac911

トリコ

Author:トリコ
♥。住まい♥。  SYDNEY
(オーストラリア) 

♥。2010年7月 BABY GIRL・さくらんぼ誕生♥。
♥。2013年4月 BABY BOY・つばさ誕生♥。 

♥。主婦暦9年目 4人暮らし♥。

 
「You Are What You Eat」
TVから聞こえてきた
この言葉に感心し、
楽しく美味しく食事をする事に、
日々努める次第でございます。

♡♡華のあるLIFEをモットーに♡♡

~コドモ日記はパスワード制にさせていただきました。~

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

アクセスカウンター