♡トリコ♡ シドニーの鬼嫁日記

鬼嫁ことトリコ、韓国系オージーのツレ、2010年7月生・さくらんぼと、2013年4月生・ニタロウと、 シドニーで4人暮らし。 スローライフで見たものや感じたことを綴っております。 

七日の朝、義理兄たちが 韓国へ無事帰国しました。

それから 年越しに持ち越していた大掃除に、ベッドカバーから布団まで とにかく洗えるものは洗濯し、やっとトリ家の新年は明けました。

義理兄たちの来豪は 楽しみでもあったけど、言葉が通じない為接待を億劫に感じていましたが、しかし ツレと結婚してからというもの、韓国人の嫁らしいことは一度もしたことないし、今回は そういう意味でも 嫁らしいことがしたいと張り切っていましたが・・・。


はじめの4日間は ツレとオッパ、すんごーーく仲良しで ツレも あっちもこっちも連れて行ってあげたいと、フル活動していましたが、問題はこっから。

オッパのヒトコトで、ツレがプッツン。友達やったら きっとそこまで怒るところでもないんやろうけど、やっぱり 血の繋がった兄弟やからこそ・・・って気もしますが、トリコ的にはそこは抑えて欲しかったのよ。

ツレからしたら 妊娠中の嫁(トリコ)の機嫌を伺いながら オッパには怒りがでてくるし、対応も 疎かになる。。。しかし そんなツレの機嫌を伺うオッパに対し、またまた トリコがオッパの機嫌を伺う、といった 微妙な三角関係。


オッパはこの滞在中、ツレに対し怒りをぶつけるようなことは一切なかったのに、みんな機嫌よく見た年末の花火の後にも ツレがオッパに対し 怒りをぶつけ 「大晦日に・・・」と、トリコは怒りが沸々。

そして 元旦にプールに行ったとき 何かのきっかけで、トリコがツレに プツン。

「お前の態度なんとかしろ!!オッパたちには気分よく帰ってもらえるように 心のコントロール 自分でせんかい!!」
 
とブチギレ!!!!

だって、このまま帰っていったら 「なんであの時ちゃんと対応しーひんかったんやろう。」って思うの 自分(ツレ)やと思うもん。

IMAG0975.jpg IMAG0977.jpg
(↑10セントのゲームに夢中の2人。。。とおもいきや 途中からおっさん二人が夢中に)

どうやら その後 「はよ、帰ってくれ。」といったみたい。

はぁ・・・なんで そんなこと言うかな・・・・ またまた トリコの怒りがMAXになったのですが、トリコの怒りとは裏腹に どうも それがよかったみたい。

それから ツレがオッパに対し ちゃんと気を使うようになり、その後帰国までの1週間、またまた仲良し兄弟に戻り。

男同士、普段は連絡取り合わないけど、やっぱり血の繋がった兄弟、シンプルな関係がとてもいい!!と思いました。

IMAG0966-1.jpg IMAG0994.jpg

オッパは 姪っ子である さくらんぼを めぇいっぱい 可愛がってくれました。

娘も 初めて会った時から「トトローー」という名称をつけ、毎日ちょっかいかけては 抱きついていました。


甥っ子は 今までプリンス状態で、韓国に従弟もいなかったため、周りのオトナたちも 自分中心に動いていたのに、こちらにきて、小さな小娘が 自分の父ちゃんに抱きついたりしている光景が 辛かったみたい。

そこに母ちゃんがいたらよかったのだろうけど、母ちゃんもいないし、おばちゃん(トリコ)は全く韓国語しゃべれず 可愛がってあげることもできない上、おっちゃん(ツレ)は かなり口うるさく厳しい・・・

ときたもので、たまに 注目されたくて 家の中や 外でも隠れたり。


そんな甥っ子、「これほしい、あれほしい、これして!あれして!」 わがままっプリは世界一。

でも 「母親がいない」っていうことが不自由に思うオッパは 他に与えれるものは なんでも 与えてあげたいみたい。

食べ物も食べたいものだけ、嫌いなものはたべなくてもいいし、(なのでかなーーりの偏食です。こちらで一番食べたものというと チョコレート系のケーキやお菓子に韓国のインスタントヌードル。)おもちゃなど欲しいモノは何でも買って与えてもらえるし。

従妹である さくらんぼの事が邪魔に感じ「さくらんぼ、いなくなったらいいのに。」とよく ツレに言ったらしい。大人たちの見えないところでいじめていたり、他にも 公園で小さな子をイジメたり・・・。

もしかしたらコドモって 本能のままにしておけば そんなもんかもしれんけど、じゃ、我慢ってことを知らないオトナになってしまうのでは??

正直のところ、甥っ子をみて、たくさん学ぶことがありました。前回にも書いたけど 反面教師。

ツレが 甥っ子の行動をみて衝撃をうけ、オッパに話してみたけど、「コドモやから(なんでもOK!)」で終わるみたい。

オッパの教育に 今回久々に会う私たちが 口出しできるはずもないので、 

ツレは 食べる時の「いただきます」やら、いただいたときの「アリガトウ」 本当に初歩的なことも言えない甥っ子に対し、毎回 口うるさく「挨拶は!!」と言ってました。

きっと「いちいち うるさいなぁ」と思っただろうけど、それも 愛情。

「可愛い、可愛い」の可愛がりではないけど、挨拶くらいはできないと 後で恥をかくのは 甥っ子とオッパ。


というわけで、前半は 悪いところばかり目に付いていた 甥っ子行動でしたが、でも後半は 逆。

さくらんぼ 嫌がる甥っ子に ずーーーっと 「オッパ、オッパ」と、付きまとう。

確実に嫌がられているのに、ほっぺたくっ付けてみたり、抱きついてみたり・・・トリコから見ても 甥っ子が気の毒に思うほど(苦笑)

トリコと 甥っ子、さくらんぼの3人で買いものへ出かけた時は お兄ちゃんらしくさくらんぼのCAREをちゃんとしてくれたり、外でトリコと手をつなぐと離さなかったり、本当は仲良くなりたかったんかな。

きっと 父ちゃんとずっと一緒にいれたし、色んなところ行ったし、大好きな釣りもいっぱい行ったけど、言葉が通じなくて 食事も毎日食べてるものと違ったり 環境がガラッと変わったりで コドモながらに しんどい反面もあったはず。

甥っ子に対し かわいそう、という 想いもあり、オッパたちの滞在中は そんな想いが交差して 自分自身 かなり 疲れました。 

IMGP8093.jpg

だけど 17日間、最初は クソ長く感じたけど、終わってしまえば 早かったなぁ。

今となっては どうか、オッパと甥っ子にとって シドニー滞在記が いい思い出で終わっていることだと願ってやみません。











コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toricohime.blog36.fc2.com/tb.php/1016-993b865f

トリコ

Author:トリコ
♥。住まい♥。  SYDNEY
(オーストラリア) 

♥。2010年7月 BABY GIRL・さくらんぼ誕生♥。
♥。2013年4月 BABY BOY・つばさ誕生♥。 

♥。主婦暦9年目 4人暮らし♥。

 
「You Are What You Eat」
TVから聞こえてきた
この言葉に感心し、
楽しく美味しく食事をする事に、
日々努める次第でございます。

♡♡華のあるLIFEをモットーに♡♡

~コドモ日記はパスワード制にさせていただきました。~

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

アクセスカウンター