シドニーの鬼嫁日記

鬼嫁トリコ、韓国系オージーのツレ、ムスメのさくらんぼと、ムスコのニタロウと、シドニーで4人暮らし。一姫二太郎の育児奮闘記と だらだら ヒトリゴト。

9月下旬、母がまだシドニーに滞在していたときの日記。

以前購入していたバウチャーの期限が迫っていたので 私の体調がよく 晴れ渡るある週末、ドライブがてら 山の中にある動物園に行ってきました。

場所はセントラルコーストで おうちから車で 1時間くらいだったかな。


Australia Walkabout Wildlife Park
←ホームページはこちら。

まず最初に 動物を見て回ろう。
b 30,9 (656) b 30,9 (546) b 30,9 (552)

カンガルーとエミュー、それにカカトゥーたちは 放し飼い。

日向ぼっこをしながら 朝寝している ねぼすけカンガルーもいました。

b 30,9 (657) b 30,9 (569)

と言っても、ほんの小さな動物園。一瞬で終わっちゃったよ。(笑)

(余談ですが 動物を見渡す歩行者用の道も ほとんどが山道で、たくさんの人がベビーカーを持っていましたが、歩けるようになったコドモと行った方がいいと思います。)

ここの売りは ブッシュウォーキングができること。

地図には 30分~40分のコースと 60分のコースがあった。

まずは 30分コースに行って、まだトリコに体力があったら 60分コースに行こう!と決めましたが・・・

b 30,9 (582) b 30,9 (641) b 30,9 (652)
(「ヤッホーーー!!」と叫ぶさくらんぼ。)


30分コースは楽勝、60分コースにある MT WHITEのLOOKOUTまでやってきました。

たそがれる2人。
b 30,9 (642)

結局 2つのコースを全て回りきっても 一時間はかからなかったよ。


それから ランチにしようと、準備していたBBQセットを持ち込み、BBQ!!

つわり中でも やっぱり大自然の中で食べる BBQは最高でした。


ここには 小さいながら アニマルたちと触れ合えるエリアが設けられていて(時間になるとFEEDできます)

さくらんぼは アニマルたちに大興奮!!

あれ??ほんのちょっと前まで 「コワイ、コワイ」いうてたのに、このときは積極的。

なんと BABY GOATや 羊さんに 触っているではありませんか!!!!!

b 30,9 (595) b 30,9 (601)

調子にのって お姉ちゃんと お兄ちゃんと一緒になり カモにお水をかけ いじめてるではありませんか!!!!
(どうやら この行為は さくらんぼにとって「遊んであげている」らしい。)

b 30,9 (588) b 30,9 (662) b 30,9 (670) 

トリコが小さい時にはわからなかった動物たちと触れ合うことの楽しさ、これを 覚えてもらえてよかったです。


最後は 顔にアボリジニ・ペインティングをしてもらい 終了。

b 30,9 (676)

都会のタロンガZOOとは比べ物にならないけど また違った楽しみ方ができましたよ。


16w4d 

そろそろ お腹が ぽっこりしだしたうえに、食べた後なんて お腹が邪魔して足が見えない。

外を歩いても、「あれ?この人ニンプさん?それとも ただのメタボ??」的な目で見られるようになってきた。 

二人目やから早いの??

それとも BABY BOYやから お腹の出かたがちがうのだろうか??


さすがに 先週から 妊婦帯とデカパン(マタニティーショーツ)登場。

(第一子の時に使っていたもの、なつかしや。)


そして このアイテムも使い始めました。

妊娠線予防オイル

トリコが第一子の時に使って 大満足だった BIO OIL。
IMGP6774.jpg

まだつわりで匂いがきついとしんどくなるのだけど、こちらは 匂いもきつくないうえ さっぱり、そのうえ オイルの伸びがよし!!


そして CLARINSの Stretch Mark Control と Body Treatment Oil

0158110_original_original_1.png 0051210_original_original_1.png

自分が妊娠したときに使って よかったからと 先日 韓国人の友達から頂いたものだけど、

こんな高級品 自分では絶対かわないから嬉しいプレゼントだ。

でも、少し匂いがきつく、今のトリコにはちょっとしんどいので、後期に入ったら 使わせていただこう。

IMGP6776.jpg


これで 一人目ではできなかった妊娠線、今回もプロテクトできるかな?!


先日 待ちに待った16w 安定期に入りました。

今日から安定期に入りましたよ、といっても つわりがすっきりしたわけでもないけれど、

「不安定な妊娠初期は赤子の生命力にかけるしかなく、赤子が無事安定期にはいりますように」

妊娠発覚して一番最初の目標でした。

目標どうり、16w0dの検診時には トクトク 元気な心音を聞かせてくれましたよ。

これから 中期。

この調子で行けば ブクブク 太っていきそうです。

このつわりが もう少しスッキリしたら 本当に 栄養管理をしていかないとっ!!と 焦りも感じているけど、

一番快適なはずの中期、なにより マタニティーライフを もう少し快適に送れたらいいな。
 




さて・・・うふふ。

お題である 二人目の性別 どちらでしょ~~~か。



妊娠したら Boy or Girl、ほんと 楽しみですよね!!

今回は2人目ということもあり、ツレは 「サプライズにしよう!!」なんて言ってきましたが、

あんた、あたしゃの せっかちな性格しっとるやろうが。妊娠発覚して 9ヶ月も待てるかいな!!

と、いうことで、却下。


トリコの妊娠前の希望は 女の子。

理由は さくらんぼのお古がつかえるから。(やっぱり貧乏人、そこが一番気になる。)

あと、女→女→男 という姉弟で育ったせいか、自分も同じよう 女→女→男 を理想としていたから。

女の子2人だと 華やかでかわいいしね。


だけど、実際に妊娠し、買い物に行くと 何かと ブルーのモノをほしがるツレ。

女の子を欲しがっていたトリコに気を使って 言えなかったらしいが、一人 女の子がいるから 次は男の子を希望していたらしい。(トリコには言えなかったが、周りには言ってたらしい。)

それを知って、 ココロは男の子に向いてしまうトリコ。

プラス またもや あの殺人級のつわりを経験し、今後 もう妊娠することはないだろうと思っているトリ夫婦、それならば 女の子と男の子 一人づつ 男の子が欲しいな、と またもや傾く。


トリ家族の予想

父 → 根拠もなく女の子
母とトリコ → つわりの具合がさくらんぼの時とほぼ一緒だったから またもや女子かな??
妹 → トリコが母に妊娠報告していたその道中、まさに トリコが男の子を産む夢をみた。よって、男の子。
弟 → なんとなく 男の子



さてさて むかえた12週の エコー検査。

家族総出(ツレ、トリコの母、トリコ、さくらんぼ)で見に行ったお腹の赤子、心音もあり、終始 動き回っていました。

第一子の時の 12週の検査のときは 終始寝ていた ということを記憶していますが、この人(第二子)は、ゴロン ゴロン 動き回って 正面からのお顔も見せてくれたり、(エイリアンみたいでした。)手を振って「Hello!」と言ってくれたり。

こちらも 思わず「Hello!」と言ってしまったほど。なんちゅうサービス精神!!これには みんな 大感激。

DR(技師さん)は その姿も しっかり写真に収めてくれましたよ。



まだ12週では早すぎて 性別の確認はできないといわれていたが、エコー室に入ってから Boy or Girl うるさい ツレ。
(あんた、サプライズがいいといってたやないかい!!)

あまりにうるさかったのか、「見えるか 見えないかはわからないけど、見てみましょう。」と それから念入りに オマタを探すDR。

最初は足を閉じていたようですが、時間が少したったら、どうやら 大股あけてくれ・・・










突如 さくらんぼが 「BOY!!」と大きな声を。







そして DRが ニヤリと笑って。








「ついとりますな。」








ですと。








「職業柄100%といえませんが、90%の確立で BOYですな。」









一姫二太郎がいい、と ごり押しだった このDRと、ツレの 大興奮する声が響き渡る。









トリコの心境・・・・ うそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。


ほな、さくらんぼのお古 使われへやん!!(やっぱり そこかい!!)

だって、お家にあるモノ、ほとんど ピンクやし、ベビーカーだってピンク、三輪車だってピンク。

女の子と男の子、遊ぶおもちゃもちゃうやろうし、これから 両方かわなあかんやーーーーーーーーん。

それまで つわりが さくらんぼ(女の子)のときと ほとんど一緒だったから 女の子だと思い込んでいたトリコ。

妊娠後男の子に心は揺れていたものの、男の子だと 心の準備ができていなかったぁぁぁーーーーーーーーー。






でも、でも、そんなことをいってしまったからバチが当たってしまったよ。

それから 手術でもしかしたら この子を失うかもしれない という恐怖に襲われました。

坊ちゃん、まだまだ小さな体やのに 全身を動かして マミーたちに手を振って ここにやってきたことを喜んでくれていたのに・・ね。



妊娠後 男の子に傾いた心境とともに、男の子と聞いて 大喜びするツレをみて ツレを男の子ダディーにしてあげられることに、まず最初に嬉しいし、何より この子は ツレのLUCKも一緒にもってきてくれたように思う。

この坊主は、将来 父ちゃんの片腕となってくれるのでは?!なんて 大きな期待もしてしまったり(笑)

また DADDY’s GIRLなさくらんぼとは反対に、MUMMY’s BOYが誕生するのではないだろうか、と そちらも大きな期待!!
 
今では 世間で言う 「一姫二太郎」 この言葉の意味を 私はこれから 体験できるであろうということに とてつもなく 嬉しく思っています。





ただ、12週というのはまだまだ早い段階なので MIDWIFEも まだどちらかわからないわよー!なんていう。

次の19週目のエコーでは きっと 確実にわかるかとおもうのですが・・・。

でも、もし もしも 次の時点で「見えないよ、女の子です。」って言われても、

「うっそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。(男の子ととおもってて、女の子っていう心の準備ができてないーーー!!)」ってことに なるだろう。





そうなんです、本当にどっちでもよかったんよね。

男の子なら男の子である嬉しさもあるし、女の子なら女の子である嬉さもあるし、

どっちでもちょっとガッカリで、どっちでもめっちゃ嬉しいんやと思う。




ただ、こうして やってきてくれた(多分)僕ちゃん、色んな難関を乗り越えて 無事 この世に産まれてきてくれる事を祈るのみです。


IMAG0562.jpg IMAG0563.jpg

「Baby Brother」と無条件によろこぶ Big Sister さくらんぼも、坊ちゃんの誕生を ココロ待ちにしていますよ。






CHILD CAREに行きだすと コドモ達同士で 風邪の移しあいをする、と聞いていたけれど・・・

CHILD CARE行きだして 1ヶ月、第一弾 もらってきましたよー。

おとつい園へいき、昨日は お昼から 近所の子のお家へ遊びに行った帰り 道端で「ポンポン(お腹) 痛い」と言いだす さくらんぼ。

おウチへつくなり じゅうたんに転がり、ぐったりした様子。

そういや、この日 お昼寝も 朝10時からと早い上、お昼寝の時間も3時間。(普段は2時間)

朝から ご飯を食べないで お菓子ばっかり欲しがり(最近では珍しい事)、ずーーっと 機嫌が悪そうに泣いていたな・・・。


「アホは 風邪ひかん」いうけど、アホも風邪ひきよったか??と オロオロする母ちゃん。

お熱を測ってみると 37.6℃。

それから どんどん 熱くなる体。



鼻風邪は よく引いてるけど、熱風邪は 生まれて初めてのこと。

まぁ、逆に 今まで熱でなかったのがおかしいくらいで、今のうちに 風邪引いておかなかったら 免疫もつかないというし、よかったよ。

と、パナドール(薬)を 年齢並の 8ml 飲ませる。





母ちゃんと一緒に ベッドでゴロゴロしていたさくらんぼ、少し元気になったのか、キッチンに行ってゴソゴソしていたのはしってたけど、私は 母との電話中だったので 放置。

しばらくしても 戻ってこないから リビングのほうにいってみたら・・・・


さくらんぼ、ソファーの上で パナドール(薬) 瓶ごと 一気飲み!!!!!


瓶には 半分以上残っていたから 100mlは飲んでしもたね。

母ちゃん、頭が 真っ白になり、まず その お薬の瓶と さくらんぼを連れて 家の下にあるGP(町医者)へ。


お医者さん曰く、大丈夫とのこと。

その代わり お水や牛乳、とにかく水分をいっぱい取らせること。

あと、酔っ払いみたいに 自分で 立ってることもできないくらいだったら そのまま 救急へ連れて行きなさい。

とのことでした。



その後 おうちへ帰ってからは 眠りの姫になり、朝まで起きてこなかったけど、朝起きたら 熱も下がってるし、いつもの元気いっぱい さくらんぼ。

今日は いつもどうり DAY CAREへいきました。




この 誤飲は 完全にトリコの失態。

初めての熱風邪ということで ずいぶん心配しましたが、あの誤飲のせいで さくらんぼに何かあったら・・・

と思っただけで おそろしや・・・。


何事もなかったから よかったものの、これからも ますます悪賢くなっていくだろうから、気をつけなければ。










9月下旬 

せっかく 春といういい時期に シドニーに来てくれているのだから、母に桜を見せたい!!と思い ブルーマウンテンズにある ルーラという町まで ドライブに出かけました。

片道1時間半~2時間くらいかな。

ルーラの町には 一般に公開しているガーデンがいくつかあって 春のこの時期になると フェスティバルが行われるのです。

私たちは その一つ、大好きなガーデン Evergladesへ目指して出発!!

b 30,09 (1)

まず、やってきたのは ドライブWAYにあった インフォメーションセンター。

どうやら ルーラガーデンのFESTIVALは 私たちが行った 次の週からとのこと。

その代わり 山の中腹部にある町で ガーデンフェスが行われているという。

そちらも 魅力だったが、私の体力がどれだけ持つかわからなかったので、まずは ルーラの町まで行き、お目当てのガーデンまで行きました。 

いつも ルーラへ来たときは ピンク色した八重桜が満開で 町全体を染めていたのだけど、今回は まだ濃いピンク色した蕾のみ。

「あーあ。」と肩を落としていると、ちらほら 淡いピンク色した ソメイヨシノが!!

どなたかのガーデンには 立派なソメイヨシノが二本、満開に花を咲かせていました。

b 30,9 (344) b 30,9 (353)

他にも 桜に良く似ているけど ちょっと違ったお花が満開だったり。

雑草も 白いお花を咲かせていたり・・・この町 住み着きたいほど ステキ!!



さて、ガーデンの中に入ると 桜吹雪!!

もう葉桜になってしまっているけれど、なんと ソメイヨシノが咲いていました。

(このブログを始めたすぐの頃、どなたか ブルーマウンテンズでソメイヨシノが見れるという情報を残してくださいました。私は メモにとっていたものの、この時 すっかり忘れていましたが 4年越しにみることができました。) 

b 30,09 (3) b 30,9 (495)

ナナと一緒に桜の木の下を歩くさくらんぼ。

今年は日本で、そしてシドニーで2回目のお花見、嬉しいね、楽しいね。

桜花(さくらんぼ)も、お花のことは 全てひっくるめてflowerと言いますが、桜の名前は自分と一緒、まず最初に覚えた お花の名前です。

b 30,9 (434) b 30,9 (435)

お昼の時間には かなり早いけど、ピクニック。前日に 母とツレが作ってくれた うなぎちらしのお重を食べることに。

桜が舞って ヒラヒラ落ちてくる桜の花びら、「サクラちらし」と言って 一緒に食べていました。(ツレが)

b 30,9 (389) b 30,9 (391) b 30,9 (431)

フェスティバルは来週からだというのに、この日も たくさんの人でにぎわっていました。

b 30,9 (360) b 30,9 (406) b 30,9 (407)

だって ここには載せきれないほどの お花たち。

b 30,9 (405) b 30,9 (489) b 30,9 (484)

春爛漫。

b 30,9 (532)


結局 トリコの限界、このガーデン 一回りして終わり。

ネットで調べるのもしんどくて 強行突破できたものの、「フェスティバルは 一週間後」と聞いてちょっと残念に思ったのですが、結果的に、ソメイヨシノが見れ また 例年とは違ったガーデンをみることができ よかったです。





15w5d -3kg

その後 体調は三寒四温、春の天気のように 気分が良かったり、悪かったり。

それでも、だいぶ 気分の良い日は 増えてきたかな。



15週目のお腹写真を残しておきます。

IMGP6706_20121023115718.jpg

この写真でわかるかな??

お腹がでてます。

2ヶ月ちょい、体には ほとんど食べ物が入ってこなかったせいか、数日前 食べつわりに変わったときから

どうやら BODYが 食べ物(肉)を お腹に蓄積しようとしてるみたい。

手足に比べると お腹だけが ポンっとでてるの、難民キャンプにいる子みたいに。

BABYのいる 子宮がおおきくなってきたわけではなく、胃の辺りから でてるみたい(涙)

でも やっぱり 2人目はお腹が大きくなるのは早いといわれているらしいが、それも関係あるのかな?!

ちなみに、このお腹の出かた、一人目のときの20週目くらい、だと 自分では思っている。



それによってか、第一子の時にはなかった マイナートラブル発生。

おしり痛。
(ちなみに 腰痛でもなく、恥骨ってわけでもなく、おしりらへん。ただ どこだか 確定もできない。)

特に 外に出かけた日は必ず。疲れてきたら だんだん痛くなってゆく。

ちょいと ソファーに座った後とか、ゴロリンっとした後 急に立つと、もう、自分の力では立ってることができないほどの痛みに襲われるのです・・・。

妊娠後期になったら 結構聞く マイナートラブルではあるけれど、初期からですか?? 

あー、この先も 思いやられるな~。



胎動

第一子の時に 初めて感じた胎動は19週目。

こちらも 第二子は早いよ、と聞いていたが、今回は14週目で感じることができました。

最初は 夜、横になって 寝ているときだったのに、最近では 日中も感じられるし、夜になっているときは 自分の手で ポコっと感じることができる。

ほんと 聞いてたとおり、その速さにビックリ。


ただ、12週のころから それらしきものは感じていて、母にいってみたら、ただのガスだろうとのこと。

あれは やっぱり ただのガスだったのだろうか?!なぞ。



さくらんぼ 初めての社会デビューー!!!

4週間前から 週に2回 CHILD CARE(保育園)へ通い始めました。

b 30,9 (530) b 30,9 (531)

大きなバービーBAGにはナピーや ねんねのブランケット、念のための着替えなどが入っていて、もうひとつの小さなBAGは さくらんぼのランチBOX。

(うふふ、私が以前集めていたバービーグッズ、いつか娘ができたらあげようと思ってたモノ(たんすのこやし)、さくらんぼも大喜び。)

ここは 給食がでないので 親が用意しないといけないけれど、サンドイッチと、フルーツと、牛乳と、ヨーグルト、そんな簡単メニューで楽勝(笑)

さて、母が日本へ帰国してしまう1週間前から入れようということで、初日は ナナ(ばぁちゃん)と一緒に登園!!

以前から そこのCHILD CAREの前を通りかかったら 自分もこの中に入って みんなと一緒に遊びたい!!とだだをこねていたもので、「今日は DAY CAREで お姉ちゃんと お兄ちゃんと一緒に 遊ぼうね!」というと、嬉しくてたまらない様子。

IMAG0494.jpg

ナナと一緒に走っていってしまいました。

でも、DAY CAREの中に入ると 初めての空間、たくさんのお友達、それに 何か異様な空気に さくらんぼ オロオロ。

そうよね、もうすぐ マミーとナナと「バイバイ!」する時間。ナナの手をぎゅっと握っていたそうな。

ここは2歳からOKなDAY CAREで、この時点で2歳2ヶ月のさくらんぼは 一番か2番目に小さな月年齢。みんなお兄ちゃんか、お姉ちゃん。

何人か、BABY好きの 面倒見のよさそうなおねえちゃんが駆け寄ってきてくれ さくらんぼにおもちゃを渡してくれたり 相手をしてくれて そのままナナの手を離れて中へ。

そして 私たちが去ろうとしたとき、泣きそうになりながら「マミー」と駆け寄ってきて

「また 夕方 迎えに来るからね。バイバイ」というと、泣かずに中へ。

先行き 好調!!






だと思っていましたが、やはり、知らないところでは お昼寝ができず、お昼2時くらいにDAY CAREから電話。

眠たいけど ネンネできないし・・・というのと、一人の園児のママがお迎えにきたらしい。それを見て、「ソフィーもお家に帰るーーーー」となったらしい。

DAY CAREにつくと、すでに門の前で ピンクのブランケット(ネンネするときに 絶対必要なモノ)を頭からかぶって 私たちがくるのをまっていたのです。

まぁー、そっから 私たちの顔をみるなり、おもいっきり泣き出して。。。(涙)

でも、本来なら11時にお昼寝するさくらんぼ、眠たくて仕方なかっただろうけど、一日目、よくがんばったね。


2日目

IMAG0501.jpg

この日は朝9時から 4時まで がんばりましたよ。この日から お昼寝もできるようになったらしい。

でも、行きも帰りも 親の顔を見ると ぎゃん泣き・・・

そして 2週目 3週目 「DAY CARE」というと「ノーーーー」と泣いて嫌がり、家から泣きべそをかきながら つれていきました。


~まだ2歳、ちゃんとお話もできないさくらんぼ、マミーと一日に何をしたかも 会話にならないうえ、DAY CAREでは英語。
きっとわけわからなくなってるのではないだろうか?!~

DAY CAREに入れる!!自分が決めたことやけど、ココロが折れそうになる。



園の前で「ノーーーーー」と嫌がる さくらんぼを 他のお母さんがみて お互いコドモを園に預けたあと、園の外で そっと駆け寄ってきて、こういってくれました。

「私の息子も 最初は あなたの娘とおなじく、泣いて泣いて嫌がったわ。

息子は園の中で泣き、私は園の外で泣いてたわ。

でも 時間がくると 嫌がらなくなるときはくるから。

みんな こういう時期を乗り越えてきているから、あなたもがんばってーーー!!」と。

なんとも ココロ強いお言葉。 



そんなお言葉どうり、4週目に当たる 今週(7回目、8回目)からは ちょっと慣れた様子。

「(今日は)DAY CARE、マミーとバイバイ」と言って 嫌がることはなくなりました。

バイバイするとき、ちょっと泣くことあるけど、30秒もしたら お友達と遊んでたり。ちゃんと、マミーにバイバイできるようになったよ。

帰りは ダディーが迎えにいくことが多いけど、まだ遊びに夢中で 前みたいに ダダーと駆け寄ってくることがなくなったそうな。

えらいよーー!!さくらんぼ!!




CHILD CAREといっても、施設がしっかりしているわけでもないし、実際 日中何をしているかわかないけど、

ここの先生(というの??オーナーというの??) じいちゃんとばあちゃんなんやけど、パーソナリティーが ものすごい良くて。

明るく、親切で、ツレも私も大好き。

シドニーのDAY CAREだったら 値段もビックリ価格で、朝から夕方まで 預かってくれるのだから、貧乏家族にも やさしい。



母ちゃんと 父ちゃんが さくらんぼに 望むこと。

社会生活を身につけ、将来 Independent(インデペンデント)な人間になれればいいな。(これは 高望みすぎるかな(笑))

小さなことでいうと、お友達と一緒に遊ぶときのルールやら、例えば さくらんぼが始めて登園したとき 温かく迎えてくれたお姉ちゃんたちのように、いつか さくらんぼも だれか新しいお友達が入ってきたときに 温かく迎え入れれるように なれたらいいな。

後、少しの英語。

逆に日本語もしっかりしゃべれてないので心配になりますが、コドモの順応性ってすごいんよ。

おうちでしゃべるときは 日本語やのに、母ちゃんの知らないところ(例えば公園などで)では 英語でしゃべってるんやから。

最近 単語はたくさん話すけど、文章にならないなー、と感じていたけれど、どうやら、日本語と英語の単語、文章を 両方理解しながら話しているみたい。

だから きっと少し文章になるまで 時間がかかるかもしれないけど、ボチボチ 理解していってもらえたらいいなと思ってます。




たった4週間、されど4週間、さくらんぼのがんばりで またまた 素晴らしい成長を遂げてくれました。

これから さくらんぼが お家でも DAY CAREでも快適に過ごせるように・・・



27,7 (12) 26,7 (27)







 
つわりが酷いから ベッドで寝てる・・・なんて許されるなんて 第一子だけだと思っていました。

いや、かあ様がここに来てくれなかったら そんなこともいってられなかったのかもしれません。

今回の妊娠にあたり、日本の家族 そして 自分の家族(ツレ、さくらんぼ)には たくさんのサポートをしてもらっています。


ツレは 第一子の妊娠のときと同じく、自分のできること全てをしてくれます。

母がくるまえなんて 自分の体が どんなけしんどくても トリコ、さくらんぼのことを 一番に考え、無理をしすぎて 気がつけば あちらこちらが痛いなんてことも。

毎晩 トリコのつわりについて インターネットで勉強。これなら食べれるんじゃない??なんて 色々TRYしてくれるは、さくらんぼのお遊び相手も めーーいっぱい がんばっちゃって。

トリコが 妊娠する前は さくらんぼとのお遊びも 一緒にTVをみたり コンピューターで動画をみたりで、トリコが だいぶコンプレインしてたのに、こんなときに限って 全力で遊んで 疲れてる。

こういうときに 手を抜いてくれたらいいのに・・・と内心思っていたけど、

きっと それも つわりで苦しむトリコをみて、自分もがんばらな、と思ってくれたっぽい。

その気持ちは しっかりと受け取っておきました(笑)


その部分では 随分とコンプレインしていた 妊娠前、「こいつ(ツレ) 育児する上で、いるかいらんか・・・いらんのとちゃうか??」と本気で考えたこともあったけど、このつわりを機に 改めて「大事な人」だと気づけました。


そして さくらんぼ嬢。

13,10 (15) 13,10 (17)

「BABY おはよ!!」と朝 起きたら マミーじゃなくて BABYに話しかける さくらんぼ。

「トクトク」「ハート」といって、心臓がトクトクしてることも教えてくれます。(←コドモには見えているのかな?この報告 トリコにとっては 今でも一番嬉しいな。)

今回の妊娠も さくらんぼが教えてくれましたよ。

そして、「マミーのお腹に BABYいるよ。」と言葉ではっきり教えてあげると、それから 毎日 BABYにお話したり、チューしたり。

私がソファーで うとうと眠ってしまうと

「マミーはしんどい、しんどい、ねんね、しーーーーーーーーーーーーー。」と言って静かにしてくれるのです。

その優しさに感激していたら、

次は 私がトイレで吐いていると さくらんぼが 自分の台によじ登り マミーの背中をトントンさすってくれ

「マミー、だいじょうぶ??」と問いかけてくれます。

最近は トリコもだいぶ元気になり わがままもダダもこねてきますが、つわりが酷かったころは、さくらんぼも トリコには気を使い、わがまま言うこともなかったのです。

その代わり、ダディーとナナ(ばぁちゃん)には ごってごて・・・。


でも そうやって マミーの状況をよく把握して 気にかけてくれる娘に、

今回は さくらんぼに なんぼほど 助けられたかな。



最近のさくらんぼの行動には BABYを受け入れる体制を 整えてくれようとしてくれているのが見受けられます。

例えば、自分のおもちゃも「ソフィーの(もの)」「BABYの(もの)」と 2人のものという意味でいってみたり、自分が使わなくなったおもちゃなどは 「BABYの」と、さくらんぼの中で BABYのモノ というができてきたみたい。

お絵かきには 「ダダ、マミー、さくらんぼ」 3つのマルを書いたうえ、ニコーーっと笑って「BABY」とまた4つ目のマルをかいていました。すごいな、もう 家族が増えること わかっているのね。
 

母ちゃんは 見えないところで学んでいる ココロの成長が嬉しくてたまらないのです。


そして 日本から 駆けつけてくれたかあ様。

ただ、幸い、もともとこの時期に遊びに来てくれる予定があり、そう考えると BABYがやってきてくれるタイミングというのは、自分たちにはコントロールできないけど、ちゃんと選んでくれているのかな、と改めて思いました。

このつわりを乗り切れたのも かあ様がいたから、といっても過言ではありませんから!!

前回も書きましたが、異国での さくらんぼの育児、家事全般、そして 言葉の壁もあるというのに、ツレとの付き合い(お相手)を 機嫌よく こなしてくれました。

これは ツレに関してもいえることですが、2人が上手に距離を保ちながら お互いに気を使いながら 8/26から10/2までという 決して短くはない5週間強も すごしてくれたことに関して 本当に感謝してます。

私は 夕方からつわりがひどくなる体質で、 毎日 夕方5時にはベッドルームへ行っていたものですから、2人がどんな会話をして、どんな風にすごしていたのかは ほとんど知りませんが、いつも笑って食卓を囲んでくれ 嬉しく思ってます。


あと、トリコの看病・・・って病気じゃないけど、脱水症状と低血圧でいつ倒れてもおかしくないトリコを 毎日診ていた訳ですから、相当なストレスだったに違いありません。

前から 私がしんどい時や痛いとき 母によく こう言われていました。

「それが 自分やってよかったやん、コドモがそんな想いしててみ、見てるほうが辛いで。」と。


ゾンビのような私をみて、毎日のように「今日は病院にいったほうがいいんちゃう?」と心配し言ってくれていました。

しかし そんな心配をよそに私は 病院へ行くのにも体力がいるからと 怒りながら 答えることも・・・。

きっと コドモであるトリコの このような姿を見ていて 辛かったと思います。

その証拠に、もう 二度と つわりで苦しむトリコをみにくることはない!!と強くいわれておりますから・・・(汗)

かあ様、ほんまにありがとう。

IMGP6705.jpg
日本からもってきてくれました。

安産のお守り。(いつも 参拝している場所で・・・ご利益があるよって。) 

後 もうひとつ
IMGP6704.jpg

これは 子授御守。

さくらんぼを授かったときに持っていたものと同じなんですが、今回は妊娠が発覚してから 妹と2人で一泊かけて 真夏だというのに、熊野の山の中へ この御守りを買いに行ってくれたもの。

さくらんぼと同じよう、お腹のBABYも 無事 この世に生まれて 私たちの元にやってきてくれることを祈って、ということで 子授御守。

2人の想いが ほんと あたたかい。


そんで ウチのとうちゃんも、トリコがリクエストした バームクーヘンやらカステラをいっぱい(食べきれないくらい)送ってきてくれて。

昨日、第二段も届きましたよ!!

弟くんも、つわりの経過を心配し 何度も連絡くれたり。




他にも 妊娠を報告した友達(といっても、前回の流産のことがあったので まだ 少数の人にしかつたえていませんでしたが) トリコやさくらんぼのこと、気にかけてくれ 本当に本当に ありがとう。


どうも まだまだ 元気なニンプにはなれそうになく、これからだって 力借りないといけないことが たくさん出てくると思うけれど

そのときは また どうか よろしくお願いしますね。




~トリコ~



















みなさま お・お久しぶりです。

ブログを2ヶ月以上も放置したのは はじめてのことで、どんな言葉ではじめていいのやら・・・。

ブログが更新されていないからと、心配してくれ 連絡をくれたお友達にも まだ 近況を話せてない友達もいたりなのですが、これを読んでいただけたら幸いです。




まずまず、はじめに、ご報告。


一度お空に帰ったBABYちゃん、約一年ぶりに トリ家族の元へ帰ってきてくれました。



ただいま、15週に入ったところです。

日本でいう 安定期までは あと一週間なのですが、BABYの大きさからいくと 16週に入るか 入ったところ。

ただ、昨日 MIDWIFEとの初診があり、週数を変更され、またまた15週はじめにもどってしまいました。

でも トリコにとっては とっても嬉しかったり。

BABYさくらんぼ(第一子)が お腹にいるときには 週数のわりに お腹が小さい、小さいといわれて、妊娠後期に 週数と出産予定日を 変更される事態もあり それはそれは 心配だったのと同時に ストレスでもありましたから。

というわけで、今回は 変更した週数からいくと BABYの大きさは大きく すくすく育っているとのことでした。

わぁーーーーーーーーーーい!!!

サイズもそうなんですが、小さな心臓をしっかり動かし 小さく早い鼓動を聞かせてくれるだけで、毎回 涙がでるほど嬉しいのです。



でも、ここまでの道のりを ヒトコトに、あらわすことはできません。

妊娠発覚ごろからはじまった ゆるいつわり、5週目から始まった 吐きつわり。

そこからは さくらんぼのときと同様、殺人級のつわりに見舞われ、育児?!なんてどころではありませんでした。

「2人目の妊娠は 一人目の面倒見ないといけないから 一人目とても酷かったつわりの人も、軽いこともある。」

なんて 妊娠の本なんかにも書いてあるし、その言葉に期待してたけど、あたしゃの場合、一緒だったよ。

お水も受け付けないほど 吐きまくる毎日・・・不定期ながら 救急病院に行っては 治療をうけ、吐き止めの薬を処方してもらう。回数重ねるごとに 看護師さんや先生とも顔見知りになってったよ。

だんだん弱って、弱りきって 痩せて こけていく トリコ。

「オェーーーーーー」とトイレに向かう 私は ゾンビ そのものでした。

 

幸い、トリコのかあ様が シドニーへ3週間 遊びに来てくれると前々から決まっていたので、8週目に入ったころから 無理いって5週間強、母に滞在してもらいました。

さくらんぼの24時間育児だけでも 相当助かったのに、トリコの世話、家の家事、ツレの相手と、機嫌よく すべてこなしてくれて・・・

自分たち 家族だけでは どうにもならなかった部分もあっただろうから 本当に本当に助かりました。

また 少ないですが 母が滞在してくれたときに お出かけした お出かけ日記も 後々UPしていけたらいいなと思ってます。


その後、母も無事に帰国し、13週になろうとしていたトリコ、つわりも ちょいとは 治まったかな、と油断をしてたら 10週目のつわりのピークと同様、お水も受け付けない またもや殺人級つわりに逆戻り。

またまた 体力・抵抗力が なくなってしまったところに、バイ菌に感染。

皮膚が腫れあがり とてつもなく痛くなり 救急病院に行ったら 即入院、翌日手術。

つわりもまだ続いているので、つわりの吐き止め、それに 鎮痛剤 と、薬漬けの入院生活。

それに、手術(全身麻酔)ということで、「手術自体と BABYとの関わりはないので、SAFEだと思いますが、100%大丈夫とはいえません。」という言葉に、不安で不安で。

「ここまできて・・・・。」という想いもあり、夜中 暗い病室の中で 声を抑えながら 泣いたっけ。



手術が終わり 意識が戻ってきたときに まだ目も開けれないくらい朦朧としてたけど、まず

「BABY は だ い じょ う ぶ ? ?」

と聞き、「大丈夫よー!!」という おばちゃんナースの声を聞いて また 涙。

美味しいご飯は入ってこず、苦い薬しか お腹に入ってこなかったのに・・・

BABYちゃんも がんばってくれましたよ。



これは ほんの1週間ほど前のお話。



この妊娠経過も 初期から ブログに残しておきたかったけど、やーーーーーっと やっと たどりついた ブログなんです。



今現在は 数日まえから 吐き止め薬を飲まなくても 吐くことはほぼなくなり、さくらんぼのときにはなかった 食べつわりに変化し、見る見るうちに -6kg減った体重も もうすでに 3kgほどは 戻ったのではないでしょうか?!

ジャンクフード(KFCとか)や 味の濃いものを好み、逆に食べていないと 気持ちが悪く、この調子でいくと

一気に太ってしまいそうです!!恐ろしやぁ。



まずは あと1週間にせまった 安定期まであと一歩。

上手につわりと付合っていきたいです。




トリコ

Author:トリコ
♥。住まい♥。  SYDNEY
(オーストラリア) 

♥。2010年7月 さくらんぼ誕生♥
♥。2013年4月 ニタロウ誕生♥。 

♥。主婦暦10年目 4人暮らし♥。

毎日のドタバタ劇や 自分なりの小さな幸せを綴っております。

♡華のあるLIFEをモットーに♡

~コドモ日記はパスワード制にさせていただきました。~

さくらんぼ 0-3m (41)
さくらんぼ 4-7m (43)
さくらんぼ 8-11m (26)
さくらんぼ 1y-1y3m (34)
さくらんぼ 1y4m-1y7m (29)
さくらんぼ 1y8m-1y11m (20)
さくらんぼ 2y-2y6m (39)
さくらんぼ 2y7m-2y11m (26)
さくらんぼ 3y-3y6m (29)
さくらんぼ 3y7m-3y11m (18)
さくらんぼ 4y~ (45)
さくらんぼ 5y~ (66)
さくらんぼ 6y~ (59)
さくらんぼ 7y~ (64)
ニタロウ 1-6m (26)
ニタロウ 7-11m (8)
ニタロウ 1y~ (16)
ニタロウ 2y~ (17)
ニタロウ 3y~ (16)
ニタロウ 4y~ (21)
姉弟スナップ (68)
妊娠初期 (5)
妊娠中期 (32)
妊娠後期 (31)
出産 (5)
流産 (4)
ニンプ日記(第二子) (34)
ニンプ・BABYグッズ (18)
Handmade-baby (20)
Handmade-interior (33)
FLOWER (79)
DIY (15)
家電 (9)
Goods (43)
ガーデニング・グリーン (11)
ヒトリごと (146)
お家ごはん (75)
レシピ (17)
結婚生活 (47)
ツレ (46)
FRIENDS (23)
FAMILY (26)
Korean culture (6)
About Sydney (168)
Market @ Sydney (14)
レストラン@Sydney (33)
旅の思ひ出ポロポロ (7)
結婚(式、準備、秘話) (7)
日本旅行(08-09冬) (27)
日本旅行(2009春) (18)
韓国旅行(2009,6月) (14)
日本旅行(2011春) (20)
日本旅行(2012春) (16)
日本*韓国旅行(2013秋冬) (32)
日本旅行(2014-2015冬) (15)
日本旅行 2016冬 (17)
AUS国内旅行 (47)
Brisbane (14)
Hawaii trip 2016 (36)
クルーズ 2018 (6)
ニタロウ 5y〜 (10)
さくらんぼ 8y〜 (1)

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

アクセスカウンター