FC2ブログ

シドニーの鬼嫁日記

鬼嫁トリコ、韓国系オージーのツレ、ムスメのさくらんぼと、ムスコのニタロウと、シドニーで4人暮らし。一姫二太郎の育児奮闘記と だらだら ヒトリゴト。

お家で描いて ペイントした ムスメの作品。

オペラハウスとハーバーブリッジ。


あの子から見たら こういう感じなのか。

中々ステキだ、

で 終わりたいところだけど、あの人の適当さは 誰から受け継いだのか!!!
(紛れも無い、母である私である(苦笑))

やったら やりっぱなし、脱いだら脱ぎっぱなし、使ったら使いっぱなし、

普段 始めたらすんごい几帳面やのに、肝心なところで テキトウ。

まさに 私たちの子だわ。

今日は ARTにも その適当さが 際立ってて、半ば 怒鳴りながらの完成(涙)

やっぱり 私は あかん、横で見てると マイナスポイントばっか見つけてしまい 口出してばっかり。

ムスメも8歳、自分の意見もあるし ものすごい口答えのオンパレード。

のちに喧嘩。

最近 色んな面で 親が教えるのに限界が見えてきた。

or もしくは 私の意識を変える時か、、、と言うことは 学びの時なのかも。



ムスメ 8y

前にも言葉について少し日記にしましたが、最近の自分の心境も含め 書いておきます。

英語はネイティブ、日本語は普通に会話はできるが、文章は度々「ルー大柴」。笑

さて、ムスメの学校は 第二言語の教科にKindy〜Year1まで 韓国語、Year2〜Year6まで 中国語、となっていたので、Kindy〜Year1は韓国語。

韓国バックグランドを持つムスメは 非常に興味のある言葉。おかげで 2年間 言葉と文化を学び、韓国語ゼロだったのに、終われば 1くらいにはなっていて、とても楽しんでいました。

次に 二年生からは中国語が始まり、こちらも ものすごーく 楽しんでて、おうちでも習って来た中国語を話すほど。

ムスメ自身、語学が好きなんだ、と 改めて知りましたし、楽しいから覚える、覚えるから楽しい、学ぶ姿勢がいいと中国語の先生直々に褒められる、という相乗効果と、子どもの吸収力の早さに 正直驚きました。

ところが、今学期になり 学校のシステムが変わり チャイニーズのバッググランドの子は中国語を。

韓国のバッググランドの子は 韓国語を。

その他の子は Asian Study という教科に変わったのです。

中国語を楽しんでいた矢先なので、すごく残念がっていたけど 仕方がない。

まず韓国語が喋れないし、母ちゃんは日本人ということで、Asian Study に入ったようです。

これも 毎日変わるトピックに とても楽しんでいたのですが、ムスメが自分で 「私は韓国語を学びたい!」と、

担任の先生と 韓国語の先生に 話に行っていたみたいで、驚き!!

全く韓国語わからない、喋れない、読み書きも 少ししかできない(学校で習った分のみ)なので、逆にお家でも韓国語を喋っているお友達と一緒に学ぶのはしんどいだろう、と 私は勝手に思っていたのだけど、

私は知らないだけで、一番短で偉大な存在「父親は韓国人」 ってことは ムスメにとって 大きいんだとおもう。

もちろん 本人の意向どうり 今週から 韓国語のクラスに入りました。

そしたら ツレに 韓国語を教えて、と紙に書いて勉強始めたり、自分の意思で始めると 興味がある分、

「やる気」となって 覚えが早い。

いつまで 続くかわからないけど、楽しんでもらいたい。


で、日本語。

もう 補習校からの宿題だけで アップアップして、やってるだけで 頭に入っていない、というのが現状。

一番致命的なのは 私のヤル気。

漢字も先生がおっしゃっていたように 終わった漢字を お家でも復讐をしてことが大事なのに、

それすら ギブアップ状態。

ムスメのヤル気はきっと 前と同じで、難しいながら 言われた宿題をしているけど 親がこれで・・・(汗)

それじゃ 難しいわな。

将来 HSC(センター試験)の学科に日本語をとるならば 今からやっていれば すごくメリットになると考えて続けているのですが、語学も色々あって 今の時点でも色々興味が出ていて、将来 本人が 日本語を取るかどうかは わからないな、と思ってきました。

第一に 日本の文化に触れれる絶好の機会を与えてくださる日本語学校、安いお月謝で 一日3時間も日本語の環境においてくれて、ひたすら ありがたいの一言ですが、これも親の参加が不可欠なので、考えどころ。

逆に これから 私が どこまで 関わっていけるか、求めているのか、再度考える必要があるのかも。

今 そういうところに直面してます。






 
National science week ということもあり 色んな場所でイベントが行われています。

まず先週の土曜日 朝から 体調の悪い姉さん、お昼からは動けるというので 半ば 無理して連れてった ローカルの図書館でのイベント。

ロボットを動かしたりする1時間のクラス。

20180813211033c17.jpeg

何をしたのか わたしには全くわからないけど 小さなロボットを マニュアルに沿って動かしたり、

自分なりに試したり、めっちゃ面白かった見たい。

他にも 色んなブースが出てて 超本格的。

中にはリサイクルのブースもあり、私自身 今 環境のことにとても 感心があって 娘や息子に伝えたいことだったのに、

ムスメは ロボット、ムスコは ダダとパーク。

あー、早く来て 二人連れて 早く来たら良かった、と後悔だったわ。

ロボットの後 ギリギリ ひとつだけ 参加できたのは 映像。

2018081321102203d.jpeg

グリーンのバックが スペースになったり 街中だったり 自分で選べて 踊ったり 話したりして 映像を撮ってくれる。

その映像は emailで送ってくれるんだとか。

ムスメはParisを選び、ニコニコしてたけど 喋れと言われて カチコチになって 頭が真っ白になってろくに喋れてなかったわw

次の日の日曜日は ムスメの体調は回復しており 二週続けての powerhouse museumへ。

201808132110321f2.jpeg

この日は ここでも science のイベントが開催されており 先週より人が多かったです。

201808132137221af.jpeg

201808132110315a5.jpeg

ただイベントが 小さな子向けだったり 人が多かったということもあり、

期待していっただけに それほど 子供達も喜んでいるわけではなく この日は ササっと退散。

サイエンスは以上にて終わり。




外で遊びたーい、という リクエストだったので ダーリングハーバーへ。

道中、まっちゃ屋を見つけたが すでに パールミルクティー ラージサイズを 飲み終えて後で 残念、

次回の楽しみに、と となりの セレクトショップ入って見たり、

旅行用品のデザインショップに入って見たり、(面白いものいっぱい、欲しいもの発見して テンション上がったわ。)

オーストラリアも どんどん変わっていくなぁ、と ワクワクしながら ブラリ。


二週とも ツレはちょっと仕事してたので 私たちは電車でcityへ向かい ダダの仕事場を見てから 3人で遊んで 後で合流したのですが、

ムスメは ダディとの待ちあわせが特別だったみたい。

ツレも ムスメの好きなパールミルクティーを買って 待ち合わせ場所で待ってたり。

まるで 恋人同士w





年に一回行くか行かないか、の ゲームセンター@Cityにあるマーケットシティーの3階。

行けば必ず当てるツレ。



ここでは いつもUFOキャッチャーのぬいぐるみと 景品をそこそこもらって帰ってくるので、

15ドル(minimum)元とった感あり。

ムスメは 他の場所で ゲームセンターでのバースデーパーティーに 何度かお呼ばれしてるけど、

そこでは 全然 当たらないのに 不思議。



ゲームは 毎回 ムスコがこれやりたい!と言って始めるが、結局、、、

何にもちゃんとできないムスコは 最初Tryするが、何でもちゃんとする姉さんが見かねて割り込み、結局 ゲームは娘に奪われる、というサマを 懲りもせず毎回やりよるムスコを ププッと見ていましたw

20180806123203e38.jpeg


そういえば、マーケットシティーでは 3階のレストラン街がOpenして Yayoi が誕生。

ムスメの一番好きなジャパレスなんで その日 早速 家族で夜ご飯をいただきました。

それから 日曜日の夜のCityをぶらり。

20180805213753996.jpeg

最近 ツレはCityで働いているもんで、歩く度懐かしくてしょうがないみたい。

特に、Cityには オーストラリア来た当初からの思い出が 詰まってて、変わりゆく街並みと 変わらない場所を探しては、新鮮さと懐かしさが交差するようです。

とにかく レストランがいっぱい増えたので、毎日その辺のB級グルメの食べ歩きしてはります。




学校のシステムがイマイチわからない移民の母ちゃん。

気がつけば ムスメが二年生になって Choir(合唱団)に所属。

どうやって決めるかは 先生が勝手に 決めてるんだとか。

そこには娘の意思はございませんw

学校によって 違うのだろうけど、ムスメの学校は 二年生になると 3つの部(コーラス、ダンス、もう一つ何か。)に
所属して 練習していたようです。

そして 昨日は 学校対抗 合唱団の大会に出場し、見事 一位🥇



Well done to all !!

どうやら ムスメの学校は 毎年 トロフィーを持って帰ってるんだとか。

地味にすごい!!

学校に帰ってから コーラス部の子たちだけ 頑張った見返りに、と ホールでムービーが観れたんだとか。

みんなで勝ち取ったトロフィー🏆 貴重な体験になったに違いない。


で、この合唱団は 今年まで。

Year3からは 希望者でオーディションがあって 決められるみたい。

また こちらもオペラハウスで歌ったり 力が入ってるよう。

来年からは スポーツにしろ、勉強にしろ どの分野でも 希望だけでは 参加できないシビアな世界になっていく。

必要であれば 子どものやりたい事に 大人も大きく関係していかなければ 参加資格さえもらえない。

逆にいうと 才能のある子は どんどん伸ばせるシステム。

だから 働いている、働いてないに関係なく 親は ただでさえ 毎日の学校の送り迎えがあるというのに 習い事の送り迎えで
こどものサポートに いっぱいいっぱい。

3人兄弟で パートタイムで働くお母さんなんて それぞれの子どもの習い事の送り迎えの調整が難しいので お父さんの手は不可欠だという。 

うちはまだ 一人小さく プリスクールとデイケアだけだけど、来年から その時間の調整に 悩む事になりそうだ。


ま、とりあえず たまにある 子供たちの小さな前進に 大きく喜びながら 今日も頑張ろう。




トリコ

Author:トリコ
♥。住まい♥。  SYDNEY
(オーストラリア) 

♥。2010年7月 さくらんぼ誕生♥
♥。2013年4月 ニタロウ誕生♥。 

♥。主婦暦10年目 4人暮らし♥。

毎日のドタバタ劇や 自分なりの小さな幸せを綴っております。

♡華のあるLIFEをモットーに♡

~コドモ日記はパスワード制にさせていただきました。~

さくらんぼ 0-3m (41)
さくらんぼ 4-7m (43)
さくらんぼ 8-11m (26)
さくらんぼ 1y-1y3m (34)
さくらんぼ 1y4m-1y7m (29)
さくらんぼ 1y8m-1y11m (20)
さくらんぼ 2y-2y6m (39)
さくらんぼ 2y7m-2y11m (26)
さくらんぼ 3y-3y6m (29)
さくらんぼ 3y7m-3y11m (18)
さくらんぼ 4y~ (45)
さくらんぼ 5y~ (66)
さくらんぼ 6y~ (59)
さくらんぼ 7y~ (64)
さくらんぼ 8y〜 (7)
ニタロウ 1-6m (26)
ニタロウ 7-11m (8)
ニタロウ 1y~ (16)
ニタロウ 2y~ (17)
ニタロウ 3y~ (16)
ニタロウ 4y~ (21)
ニタロウ 5y〜 (13)
姉弟スナップ (71)
妊娠初期 (5)
妊娠中期 (32)
妊娠後期 (31)
出産 (5)
流産 (4)
ニンプ日記(第二子) (34)
ニンプ・BABYグッズ (18)
Handmade-baby (20)
Handmade-interior (33)
FLOWER (79)
DIY (15)
家電 (9)
Goods (44)
ガーデニング・グリーン (11)
ヒトリごと (148)
お家ごはん (75)
レシピ (17)
結婚生活 (47)
ツレ (46)
FRIENDS (23)
FAMILY (26)
Korean culture (6)
About Sydney (168)
Market @ Sydney (14)
レストラン@Sydney (33)
旅の思ひ出ポロポロ (7)
結婚(式、準備、秘話) (7)
日本旅行(08-09冬) (27)
日本旅行(2009春) (18)
韓国旅行(2009,6月) (14)
日本旅行(2011春) (20)
日本旅行(2012春) (16)
日本*韓国旅行(2013秋冬) (32)
日本旅行(2014-2015冬) (15)
日本旅行 2016冬 (17)
AUS国内旅行 (47)
Brisbane (14)
Hawaii trip 2016 (36)
クルーズ 2018 (6)

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

アクセスカウンター