♡トリコ♡ シドニーの鬼嫁日記

鬼嫁ことトリコ、韓国系オージーのツレ、2010年7月生・さくらんぼと、2013年4月生・ニタロウと、 シドニーで4人暮らし。 スローライフで見たものや感じたことを綴っております。 

ウワァ〜〜〜、もう秋休み(ホリデー)が終わるーーー!!!

これほどまでに ホリデーが終わるのが惜しくて仕方がないのは初めてだ。

ムスコに もっとお姉ちゃんのいる時間を持たせてあげたい、という想いと、

ムスメとムスコたちに 普段なかなか会えない友達と遊んでほしい、という想いと、

ムスメと私の二人の 貴重な時間も あと何日かほしい、という想いで、

いつか学校の日をずる休みさせて、どっか二人で お出かけしたい・・・なんて 企んでしまうほど、惜しいです。

まぁ、普段 学校があるからこそ、こういう想いにさせてくれるわけで、1タームが10週間ほど、それから 2週間強のお休み・・・と いいタイミングで 区切られていると思います。

いつもタームが終わるに近づくと、ムスメもかなりお疲れモード。

毎度のことですが、学校が始まると、ムスメの生活態度は一気に変わります。

朝起きる時間は 変わらず早いのに、夜寝る時間は9時前 OR もしくは9時以降。

大体、一週間の疲れがでてきた 金曜日、土曜日、日曜日の週末は ほぼお昼寝をします。(車で寝てしまう程度ですが30分ほど。)

遊びたい欲の方が強く 食欲がなくなるみたいで、ランチはほぼ食べてきません。

毎日「こらぁ~、また食べてきてないやんかーーー!!!」と 怒鳴ってますが、どんなけ怒ったところで直る余地はなく。

それでも 夜にがっつくわけでもなく、タームが終わるころは 少しやせてます。

そっからの スクールホリデー、遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ。 全力で遊びます。

そして次に 眠気を埋めるかのように よく寝ます。

夜は7時台、遅くても8時ごろ、早けりゃ、6時台に 眠りにつきます。

ランチも 外で友達とあそんでいない限り めーいっぱい食べます。

おやつも いっぱい食べます。

ここで 少し丸くなります。 やっぱり 丸くなると顔つきも変わるし、健康でかわいい。


こうして見てみると、どれだけ 学校生活で 緊張しているのか、よくわかります。

「あさってから学校やな!」と 本人はとても楽しみにしているのやけど、

「ママ、その次の日は さくらのニュースやで!何言うか考えるから 用意してな。」って・・・

On と Off の切り替えスイッチが私より早くて 戸惑いを隠せない母ちゃん。


こうして 毎日、毎週をクリアしていたら 来タームも 一瞬でおわってしまうんやろうな、と思います。

すでに 次のホリデーが楽しみで仕方がない、というのが 本音です(笑)


少し前まで スクールホリデーでは 一緒にいる時間が長く、最後の方は かならず親子喧嘩ばっかりして 「早く学校はじまらんかな!」と思っていたんですから、ムスメも 口うるさい母ちゃんの扱いがずいぶんうまくなったものです。

それって すごい 成長かも!!ww

20170420223202eb6.jpg


ホリデー中に遊んだ クラスメイトの韓国人ママさんに 「魔の7歳。女子の7歳は最悪!」

と衝撃の言葉を聞いてしまったんですけど?!?!
(もちろん、性別も年齢も関係なく 子供の性格によるんだろうけど、うちのムスメは 1歳児の頃から反抗期続いてますから、十分に予想される想定内。)

年子でお姉ちゃんがいて その子の エピソードを聞いただけでも ヒステリックになりそうだったわ。

最近とても楽に感じるムスメ、「こんなに 楽になって成長したなぁ」なんて 今言ってるけど、

もうすぐ 頭をひねって 言葉で言い負かそうしてくるんやろうか。

ひぃーーーーー・・・。  

とりあえず 始まってから 考えよう・・・。
さくらんぼ、一年生の一学期が終わりました。

ただいま 秋のホリデー プラス イースターホリデー 真っ只中で 忙しい毎日です。

一学期を振り返りますと、まず 最初に クラスの新しい友達となじめずいたことを 前にも日記にしましたが、Kindyの時からの仲良しちゃんたちと遊んでいたようですが、 一週間もたつと 新しい友達ができ、親としては安心したのを覚えています。

それからは、気の合う友達ができ、

クラスや、クラス以外の男の子たちとも遊ぶようになり、学年の違うお友達も たくさんできて 休み時間に遊んでいるようです。特定のお友達と遊んでいるのではなく いつも その時の 遊びたいことを一緒にする友達と遊んでいるよう。

一学期最後の 先生と親の面談(たった10分ですが)でも、「交友関係が広く だれとでも 仲良くしています。」と 

交友関係が一番気になっていた私は 安心しました。

まさか、「いけずです。」なんていわれるんじゃなかろうか・・・と びくびくしていたものですから。。。 

あと、勉強面で聞くと、 「悪くもなくGOOD!特に算数は 得意なようです。」と。

よかった、とりあえず、ついていけているようだ。

ツレからの質問は一つ・・・ 「授業中 質問をしますか?」 

質問がでるということは、先生の言うこと、ほかの生徒の言うことを聞いて、自分も参加している証拠だから。

答えは「YES」。 たくさん発言もしてくれるとのことでした。

とりあえず、今のところ 欲しかった答えが返ってきたのでよかったです。

さて、これからですな・・・ モチベーションが下がらずに頑張ってもらいたい。

最後に言われたのは 「子供は 子供なりに 9時から3時 学校生活を頑張っています。

お家に帰ったら 子供に返してあげてください。」と。

意外!!!お勉強学校と言われている学校なだけに、意外すぎるお言葉!!!

そういや 校長先生にも帰りに「さよーならー」というと  「お家で宿題ばっかり するんじゃないよ~!」と言われ、ちょっとびっくりしました。

うちの学校は 友達の子たちが通っている学校より 宿題は少ないうえ、一瞬で終わるようなプリント一枚。

これで、大丈夫なのか?という 疑問さえ覚えるくらい。

でも、これが きっと この学校の校風なんやろうな~、と 思っていた学校の校風とは 良くも悪くも違っていました。

まぁ、学校から 勉強をプッシュされるわけではないので よかった(о´∀`о)



これはママさんたちとの雑談なんやけど、うちは 地元の公立小学校。

Kindyで6クラスあったコドモたち、1年生になると 一クラス減って5クラスになりました。

この時点で、引っ越しして学校が変わった子、私立に変わった子が いかに多いか、とびっくりしたのですが、

また このホリデーが終わると 私立に転校する子がポロポロ出てくるみたい。

その中にも 学年一の 頭の良いチャイニーズの男の子も 転校すると聞いて さみしい気持ちになりました。自分たちのホープがいなくなる感覚。

学年が上がるごとに クラスが減っているのは もちろんOCクラス(学力のある子たちの 学力欲求を満たすためのクラス)で 他行に移る子がいるからだと思っていたけど、私立に転校する子も こんなにいるんや~、と ビックリしました。

何せ じぶんが子供の時に通っていた公立地元小学校では 考えられない状況ですから。。。 



この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
先日のハーモニーデーでは 着物を着て行きました。



正確には襦袢。

前回 日本で着物を買って着たんですが、どうにも大きすぎて。。。

生地だけ使おうと買った 年代物の襦袢を 着て行きました。

20170323125508b89.jpg

ですが、襟の合わせが 逆!!!!

という 大失態。。。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。

20170323125458f69.jpg

誰も気づいてないし ま、いっかヽ(*´∀`)
今日も雨がふってきました。

今年の雨、本当に長い・・・まだまだ続く雨予報。

一日中降っていることもありやけど だけど、ずっと降っているわけではなく、さっきまで雨だったのに、急にカーッとお日様に照らされたり、と思ったら、また黒い雲に覆われ ざーっと降ってきたり…

相変わらず ダイナミックな雨で、たまに見せる 虹 に 子供と一緒に 喜んだり。


さて、私はムスコがいないと、どこかへ出かける、せめて 買い物にでもいかないと もったいない!と感じてしまうタイプなのだが、

今日ばかりは、おうちにこもり 写真の整理をしようと思ったはいいけど、成長ブログも全くかいてないし、こっちに走ったわけです。

(やっぱり写真の整理は面倒くさくて、アルバムを作る!という名目以外では 放置してしまう。。。アルバム作ろうっと。)


さて、話はそれましたが、今日は  ムスメの学力を含む 成長日記を。 (きっとムスコの時に役にたつだろう) 



6歳8か月 Year1

Kindyに入るまで 単語は全く読めなかったのに、今や 本を読んでいる。

それはオーストラリアの教育方針で 個人差はあるけど、みんな 薄っぺらい本を毎日読むところから はじまりました。
子供の成長に応じ、レベルがあって、読む本は コドモそれぞれちがって、ムスメも やっとのこさ、周りの友達に必死についていく状態だったのに、今や 好き好んで 読んでいるのだから それだけで 親としてはありがたがい。

今 娘が 楽しいと読んでいる本は Billy B Brown とか、こういう 6、7歳児くらいに好まれそうな本。


絵本ではないけど、内容が面白いみたいで、一冊 さくっと読んでしまいます。

適応年齢の本を読むときは 単語を なんて読むの?って聞いてくることが ほぼないけど、少しお姉ちゃんの本(8歳~)を買ってあげたら やっぱり わからない単語が たくさんあって 読もうとはしません。 好きな本は 自分がよく知っているようです。

わからない単語が出てきたら 携帯でささっと意味を調べてしまう親、私たち・・・ツレが これではいかんと思ったようで 辞書を買ってあげよう!と、いろいろ 本屋さんめぐりをして、一冊辞書をかってあげました。 

2017031708564225f.jpg

子供が見やすく オールカラーで お勧めです。

ムスメも たまに邪魔くさいと 調べなかったりするけど、ツレが使うと 「自分が!!」と 取り上げるようにつかってます(笑)
最初から自分でしたらいいのに・・・ww

IMGP9734.jpg

私が 本を読むのが好きな子ではなかった、むしろ嫌いだったので、ムスメをみて 感動されられます。

いろんな本を読んで いろんな知識を得てほしいな。



さて、次に日本語。

冬に日本に帰ったときは 英語交じりだった日本語が かなり 日本語に偏り、さらに 大阪弁がきつく(笑)

日本にいたときは 英語には全く触れていなかったのもあり、日本語の書き読みも のびた、と感じていたけど、

シドニーに帰ってきたら 笑えるほど 忘れていきます。

平仮名、カタカナ 小学一年生の最初の方に習う漢字も 覚えたのに、

「ママー、「む」ってどうやってかくんやったっけー?」 。。。 (え??平仮名やで!!!) と こっちがびっくりするようなことを質問してきたり、

漢字テストは 毎回 8問中、 2点、~4点。 (わらける・・・)

まぁ、こっちで日本語を使う機会が どんどん 減っている中、新しいことを覚えていくこともむつかしいな、と感じています。

本読みに関しては スムーズとはいいがたいが ゆっくり 読める。

ま、クラスの 「落ちこぼれ」 ではあるけれど、先生に聞いてみたら クラス内では ついていけているようで 今年はこのまま このクラスで。

本人は機嫌よく通っているので それでよし、としよう。



次に 算数。

足し算は去年 何桁数字が並んでいても、できるようになり、プラスの意味がわかったのですが、マイナスができませんでした。

今年学校がはじまり、すこしづつ始めていくと、マイナスの意味も ずいぶんわかってきて、3桁くらいまでの 引き算はできるようになったかな。

時計は 去年 大体 読めるようになったけど、 今は 完全によめるようになった。

掛け算、 1~5の段 までは覚えた。

6の段からは ゆっくり 覚えつつ・・・ というところ。

(まるを3等分した一つは 1/3)と、分数の意味が わかったかな。



最近 私自身が ムスメの教育に とても興味をもっているのが 算数です。

ムスメの通うローカル校での 宿題は まだ一学期だからか、本当にゆるい。

学校でも何をしているのか わかりません。

ただ、KINDYのときから 数字がすきやな、と感じていたので 問題集をかって 毎朝 学校へ行くまでの5分でも10分でも 座らせて お勉強しています。

うちのこどもたち二人とも 早起きで Morning Parson、しかし 学校が始まるのが遅いので 時間を持て余すことがしばしば。 

今年から 朝 座るように言ったら、今や、するのが当たり前になって いい頭のエクササイズになっています。

基本 おうちでのお勉強は この 朝の時間だけ。

少しの時間だけど、この何週間で 算数も 一気に 伸びたように思います。

夕方は 帰ってきたら 大好きな お絵かきやら。

気が付いたら 学校から帰ってきて 眠るまで ずっと 机に座っているって日もあるくらい、自分の部屋、机が大好きなので、

ツレが 以前 思考凝らして作った ムスメの部屋は 趣旨としては大成功です。

その代わり 大好きな体を動かすことは週末にさせてあげれるようにしています。



どんどん、「自分」というものを持ち出して 自立していくムスメ、気が付けば ムスメの身の回りのことを 全くしなくてもよくなっていました。

なんでも自分でやってしまう、ママに怒られることなく 時間前に済ませている。

「ママ、起きや!」と いい時間になったら 寝坊助母ちゃんをおこしに来て、「ママ、コレ持っていくもんやで!」と 持ち物のチェック。

急いでいるときに そっと娘を見てみたら、なんと ビューラーでまつ毛上げて、 香水振ってるし(笑)
 
(化粧もしたくてたまらないけど、勝手に触ったら 鬼ババに怒られるwということを 踏まえている。)

いつまでも「コドモ」とやと思っていたムスメは 6歳にして もう レディーの第一歩ですww




いつも怒鳴り散らしてる私が言うのもなんやけど、、、、

コドモって みていて楽しい。

誰に限らず なーーんだってできるし、なーーんにだってなれてしまう。
将来のことだけでなく 今楽しい事、やりたいことを含めて。

こどもの可能性を見ているだけで、こどものキラキラのエネルギーに、こんなに楽しませてもらえるなんて。

育児も どんどん 難しくなっていくんやろうけど、と同時に どんどん楽しくなっていくようだ。

うん、そう信じておこうw



トリコ

Author:トリコ
♥。住まい♥。  SYDNEY
(オーストラリア) 

♥。2010年7月 BABY GIRL・さくらんぼ誕生♥。
♥。2013年4月 BABY BOY・つばさ誕生♥。 

♥。主婦暦9年目 4人暮らし♥。

 
「You Are What You Eat」
TVから聞こえてきた
この言葉に感心し、
楽しく美味しく食事をする事に、
日々努める次第でございます。

♡♡華のあるLIFEをモットーに♡♡

~コドモ日記はパスワード制にさせていただきました。~

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

アクセスカウンター