♡トリコ♡ シドニーの鬼嫁日記

鬼嫁ことトリコ、韓国系オージーのツレ、2010年7月生・さくらんぼと、2013年4月生・ニタロウと、 シドニーで4人暮らし。 スローライフで見たものや感じたことを綴っております。 

トリコの出産 1,2,3の続き

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★

さて、これからは後産のお話。

無事に生まれた我が子を胸に、

自然に避けた会陰をスティッチするためと、
胎盤を取り出されたあとも出血が止まらないため、

DRが登場!

麻酔しているのか していないのか、
スティッチの感覚は完全に感じるため、結構な痛さ。

けれど、この後からはじまる処置と比べると
なんのその。

出血の原因を調べるため

スティッチしている会陰を何度も内診



何度も お腹をグーーーーーーーーーーっと
相当な力で抑えるのです。

「ギャーーー」「いたいーーーっ」と
ガス麻酔をしながら、叫びまくるトリコ。

(声は出産中にはでなかったはずなのに、この猛烈な痛さに
最後の力を振り絞った感じ)

ガス麻酔 全く効き目ナシ。

さくらんぼを抱いている手には力が入り、
そのまま小さな赤子をつぶしてしまいそうで、

ツレにさくらんぼを抱っこしてもらう。

「我慢して、この処置はとっても重要なの!」と
冷静沈着ですっげークールなDR。

ひたすら お腹を押される痛みを耐え続け

出ていく血液のせいか、体はブルブル震え、
呼吸もできず、ガスの吸いすぎから

意識モウロウ・・・

すぐ横で見守ってくれているツレと、
ツレが抱っこしている見慣れない顔のさくらんぼ。

「この2人をおいて トリコは逝ってしまうんやろうか・・・」

そんな気分にさえなりました。

一時間ほど続いた この処理・・・


おかげさまで、陣痛、出産の痛みは全く忘れ、

今では、後産の痛み&恐怖だけが残っています。

第二子を身ごもったとしたら、

出産は全然イケルけど、殺人級のつわりと後産がこわい・・・

と言うのが トリコの感想です。



さて、無事 生還したトリコの処理はおわり、

さくらんぼ、はじめてのバス&測定

IMGP2736.jpg

キレイにしてもらい、体重、身長、頭囲

2655g、45cm、34cm

の小さな女の子でした。
(小さいわりには、頭は標準サイズでビックリ・・笑)

その日の朝 エコーをして測った推定体重は2.9kg。

やっぱりみんなの言うよう、誤差があるのね・・・。


赤子は生まれた日、12時間~24時間 
眠り続けると聞いておりましたが その通り。

24時間ほど しっかり 眠りの姫になってくれました。

そして肝心な私、

母ちゃんは、出産ハイで、眠れないと聞いておりましたが・・・・

深夜になり、トリコ病室に移り、
ぐっすり眠る事ができました☆

ツレも風邪っぴきの体で 頑張ってくれたので、
ゆっくり眠ってまた明日 トリコとさくらんぼのケアをしてね!と、病室まで来てくれた後は お家に帰ってもらいました。


次の日に聞いたことですが、

ツレは帰りの車の中で、泣いたって・・・

興奮して眠れなかったって・・・

なんか 嬉しかった。


こうしてトリ家にやってきた小さなおっさんカワイイ女の子

ツレは「これから、さくらんぼの才能を見つけてあげないと!」と ツレ曰く、韓国人らしい考え方やわ~と自分で言いながら 張り切っておりましたが、

私の願いは さくらんぼの人生、さくらんぼの好きなように送ってほしい。

そして、私が私の親に育ててもらったように、さくらんぼが「何かしたい!」と言った時に 一番のサポーターになってあげられる親になりたいです。


今まだ 真っ白なお目目に これから 何が移るのかな??

長く短い人生、思いっきり楽しんでね。

そして、いつも隣にいるトリコとツレも さくらんぼに育てられながら、日々成長する愛娘の育児を楽しみたいと思います。


出産一日後の家族PHOTO




余談:トリコが病院にいた日数は、3泊4日。
生まれてからずっと母子同室で、部屋は2人部屋。
隣のベッドには 毎日 他のオージー女性+NEW BORN BABY。

出産前は「隣にだれかいて、さくらんぼが泣いたら気を使いそう・・・。早めに退院したいな~。」と言っていたトリコに、

ツレは「オージー女性はそんなん気にせーへんで。きっと気を使うのは日本人やからちゃう??BABYは泣くのが仕事やねんから、みんなわかってくれるよ!」と言っておりました。

実際 入院生活が始まると、トリコもさくらんぼもグッスリ眠りますし、ぐずついたら「BABYは泣くのが仕事!」と割り切り、オッパイ飲ませて、オムツ変えて、また一緒にネンネして。

結構 快適でしてん☆

でも隣のベッドは毎日違う人に入れ代わり。

どのママさんたちも毎朝、
「昨夜はごめんなさいね・・・BABYがいっぱいないちゃって・・・」と申し訳なさそうに言うのです。

「こちらこそ」やのに。

そうして、3泊とも違う隣のベッドのママさんは
「気を使うため、早く帰りたい!」とみな、1泊2日で退院していかはりました。

ん??予想外の展開!!

そこで私は思いました。

ワタクシ、すでにしっかりと、大阪のおばはん・ド根性 根付いているようですわ(笑)



その間は 病院にずーーと一緒にいてくれ、寝るだけのために帰る様な 多忙なツレでしたが、退院してお家に帰るとキレイに片付けられたお家に、ツレのニオイ。

そして、私が作りかけて放置していた うさちゃんのぬいぐるみ。
綿が入っていなかったため シワシワのうさぎさん。
妊娠中に仕上げるつもりが・・・怠けのもののマミー。

さくらんぼのためにと ツレが綿を入れて裁縫して

14days (10)

こんなに可愛く仕上がっていました。

やっぱり 我が家は小さいけれど、とっても温かい☆



??????? ????????? ?????



最後に、「妊娠カテゴリーさん」

お世話になりました☆

これから出産を迎えられる方、

無事にBABYちゃんが生まれてきますように・・・☆


次は 先輩ママズを追って
「乳児カテゴリー」にいこうかしらん☆





トリコの出産 ステージ1,2の続き

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★

このポジションでは赤子が出てきそうにないため

MIDWIFEがベッドに寝転がって

日本の分娩台に上がったような感じで
足をひらげ、おへそをみながらいきむように言われた。

足の踏み台は出さずに、片足づつ ツレとMIDWIFEが
支えてくれ 陣痛が来るゴトにいきむ。

MIDWIFE:「声を出さずに んーーーっといきんで!!」

ま・まさに!!

声を出さずにいきむと子宮口がグーーっと開く感覚がする!!

けど、後何回TRYしたらでてくるんやろう?!
というのが心の声・・・。

ただ、しんどすぎて キャーとかギャーとか
声を出す事さえ 出来なかった。

ただ、声にだした言葉といえば・・・小さな声で

(陣痛が)「くる、くる、くる、クルー!!」

(大きいの)「きた、きた、きた、キター!!」くらい(笑) 


いきむが終わると余りの痛さでガス麻酔を吸うけれど、
吸いすぎなのか、意識が飛んでしまいそう。

「まだ あなたは恐れているわ。恐れないで。
このままBABYがでてこなかったら、30分後、DRがくるよ!
DRが来て、お腹カットするよ!(帝王切開)」

私はてっきり、会陰の事かと思って、

「はよDR 会陰してくれへんかな~。」と心の中で思った。

実はこれはトリコに頑張らすための脅し?!で、

MIDWIFEはツレに何度もウインクしてたらしい。



その時ツレが「さくらんぼの頭が見えた!!」

「あと一回いきんだら さくらんぼでてくるよ!」と
興奮した声で実況中継。

あと一回ではなかったけど、
「後一回、後一回」・・・かなり救われた。

いきむと見える さくらんぼの頭

ツレの声がだんだん震えてきた。

こんな声を聞いたのははじめて。

最後 最後の力を振り絞って 

「んーーっ」

子宮口がグーーーっと広がったのがわかり、

それと同時に「もういきまなくていいよ~」と。



ツレ:(震える声で)「頭が出た!!」

終わった~・・・・・・・・。



と思った矢先・・・

MIDWIFE:「もう一回いきんで!」ですと。

もういきまんでいい言うたやん!って思いながら、

「えーーい、どうにでもなれ!んーーーっ」

といきむと、ズルッと重いものが出た。

と同時に、トリコの体もドワッと力が抜けたよう。


2010年7月17日(土曜日)20:37

待望の第一子 さくらんぼの誕生


さくらんぼ、よくがんばりました。

頭が少しボコボコなのは、さくらんぼが頑張った証。

トリ夫婦の出産希望日にやってきてくれました。

ツレも 丸一日、全力で支えてくれました。

涙ぐみながら喜ぶツレをみて嬉しさでいっぱいになりました。

へその緒がついたまま、血まみれのまま、
生まれたてのさくらんぼはトリコの胸にやってきた。

はじめの印象・・「BABYってこんなにも小さいっ」

小さいけど、すごい生命力。

お腹に宿り、自分でこの世に出てくるまで、
いろんな過程をくぐり抜けてきたんですもの。

はじめて話しかけた言葉は興奮状態にあり
覚えてないけれど、

「さくらんぼちゃん、マミーとダディーのところにきてくれて ありがとうね」

という気持ちでいっぱいになりました。

生まれたてのビデオをみると、

トリコ:「さくらんぼ、ダディーのお目目と一緒や~☆」

ツレ:「(涙声で)SHE IS LIKE ME!!」と

と大喜びの声。

血をタオルでふいてもらい、ちょっと産声をあげた後、

おっぱいに吸い付いてきた。

MIDWIFEが乳首をグッとすると初乳がでてきた。

出産前 おっぱいマッサージしても 全く出なかったのに・・・すごーーーーーい!!


そして、10ヶ月間 トリコとさくらんぼを繋いでてくれた
へその緒をツレがCUT!

IMGP2675.jpg

IMGP2680.jpg

とても 硬いものだったらしいです。

へその緒と胎盤を取り出され
(この感覚はなんとも言えない気持ちの悪いものでした。)

さよなら、胎盤さん。

そしてありがとう。

私は気分が悪かったため、胎盤やらその後の流血等は
一切みておりませんが、ツレ曰く、キレイだったと。

しばらく、さくらんぼはトリコの胸でカンガルーケア!

出産が終わり ふと手にぶら下がるものが目に入ってきた。

それは、手につけられた名前タグにぶら下がるように

つけられた 「安産御守」

(あれ?ずっと握り締めていたつもりなのに・・・いつの間に??)

白い紐は さくらんぼを抱っこした時に着いたであろう
血液で赤く染まっていた。

ツレは「これはトリコがさくらんぼを産んでくれた勲章だ!」
と言ってくれた。

この御守とツレの言葉によって、
「出産した!」と実感できた瞬間でした。


それから 出産より痛い後処理の始まり・・・


トリコの出産 ファイナルへ続く・・・


??????? ????????? ?????
1クリックで応援おねがいしまーす☆




トリコの出産 ステージ1の続き・・・

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★

PM4:44 BATHからあがり病室へ。

友達:「出産ビデオ撮りにいこうか?」

トリコ:「まだまだ生まれそうにないんだよね~。」

なんて電話しながら、余裕シャクシャクなトリコ。



5:30 超褒め殺し上手なMIDWIFE de 内診

子宮口 6cm?!

(内心・・・え??急に6cm??)

痛さのあまりに大泣き。
私の予想ですが、MIDWIFEが子宮口をOPENしたのだろう。

病室の外に用意されていた?!車椅子にのり
大急ぎで分娩室へ。

分娩室では 陣痛が恐ろしい痛さと短い間隔で襲ってくる。
立ってベッドにもたれかかるように陣痛を逃すが、
勝手に涙がでてくる。

本格的な陣痛がはじまったようだ。

ツレには CDとアロマオイルを要望。


陣痛を逃すが、その時ズンっと違う痛みが走り・・・

WATER BROKEN・・・

5:50 破水

このときにMIDWIFEから

「あなたの分娩が急激に早いため、今から無痛分娩にするには、遅いかもしれないけれど、このまま(自然分娩)でいく??」と聞かれました。

このとき 直感で、無痛注射をしたら、「いきむ」事できない、と感じました。

私はツレに、「無痛にしたら また陣痛が遠のいてしまいそうで怖い。(涙)このままで。」と伝えました。

何故ツレに言ったかと言うと、ツレは痛さが少しでも
LESSになるなら、無痛にした方がいい!と
ずっと言っていたから・・・。

痛がっているトリコの姿をみて、きっとツレは
「無痛で!」というだろうな~と思ったから。

ツレはトリコが言った事をそのままMIDWIFEに伝えてくれました。

そして、それからの陣痛のがし方。

こちらの病院では 自分の好きな体制、
自分が一番楽な体制を・・・という方針。


●立ってベッドに倒れながら陣痛を逃すが、
足が生まれたての子馬になったような感じ。
→立ってられない。

●ベッドにめっちゃ大きなクッションを置いてもらい、
ベッドの上にひざまつき、クッションに上半身を委ねる。

陣痛がきたら ガスマスクを吸う。(ガス麻酔)

効果・・・効いてるのか 効いてないのか 
よくわからないけど、呼吸が上手くできた。

●ひざまつく体制もしんどくなり、
ベッドに横になり陣痛逃し。

手にはしっかり安産のお守り
IMGP2671.jpg

ツレは ひたすら腰をさすり、陣痛間隔ごとに
お水をのませてくれていた。

MIDWIFEは陣痛去るごとに赤子の心音を確認。

私は、昨夜もほぼ眠れず、もうぐったり・・・

体力に限界を感じてきた。

ツレは「もうすぐに さくらんぼに会えるよ!」

「出産希望日の今日生まれてくるよ!」

と励ましの言葉を何度も何度もかけてくれた。


しばらくすると、だんだん肛門の方から 
大きいのが出てきそうな感覚・・・

「うそ、こんな時に・・・トイレにいきたい!!」

MIDWIFEは「それがBABYよ!!」

「よし、これから プー(大きいの)を出すように、
いきみましょう」とGOサイン!

でも、トリコにはどうしても便を催してるとしか思えなくて、こんな状況ではあるけれど、その辺はすっごいデリケートな部分なので 「トイレに行きたい」と主張するが、もちろん却下。

というより、自分でトイレに行く気力・体力さえナシ。

MIDWIFEは何度か内診をして子宮口が開いているか
チェックしたけれど、陣痛の間隔がほぼなかったので
痛さなんて感じなかった。

さて、こっからはいきみの本番!!

最初は またベッドにひざまつき
特大のクッションにもたれかかる体制から。

陣痛がきたら起き上がって(ひざまついた状態で)いきむ。

ところで、「いきむ」って何??

最初は全然 いきみかたがわからない。

だけど、このとき本で見た 赤子が頭をグーーっと
外に出そうとしている絵が頭によぎった。

「そっか、今さくらんぼ、頭をグーーっと出してきていて、さくらんぼが一番頑張ってる時なんやー」と思ったら 
トリコはツレやMIDWIFEにサポートしてもらってるけど、
さくらんぼはヒトリで頑張ってる!!

小さな小さな体で・・・

陣痛が去ったら「さくらんぼ~、よくがんばったな~」
「後ちょっとの我慢やで~、後ちょっとマミーと一緒にがんばろうな~」と話しかけた。

次のポジションは陣痛が来たら起き上がって
横で腰をさすって 手を握ってくれている連れに
抱きついていきむ。

↑ トリコの全体重がツレに圧し掛かり
さぞかし しんどかったやろうに・・・・。

しかしトリコも、体力の限界・・・

あ~、疲れたーーーーー。



トリコの出産 ステージ3に続く・・・



??????? ????????? ?????
1クリックで応援おねがいしまーす☆
トリコの出産 ステージ1

出産・・・一言にいえども、人それぞれドラマがある。

??????? ????????? ?????


このカテゴリーに参加して、たくさんの方の
出産レポートを読んで 一つの命の誕生に
何度 涙したことでしょう・・・。

私の出産経験も 誰かの一つの知識になれば・・・
というのと、自分自身忘れないためにも
日記にしたいと思います。

そして、終わったらこの妊娠カテゴリーを卒業したいと思います。


★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★


7月16日(金) 39w3d

どうしてもスイカが食べたくなったトリコ。

夕方ツレがお家に帰ってきて、一緒にスーパーへお買い物。

この日は夜にステーキを食べた。

夜、9時ごろ TVで映画を見ていたら
生理痛のような 気になる痛みを感じる。

「まさか、陣痛??・・・なわけないか。」

とおもって、放置。

10時になって痛みが 10min毎にやってくる。

隣にいたツレはメモを取り始めた。

●間隔は5min~10min
●便を2回もよおす。
●緊張でふるえてきた。

PM11:07 陣痛は早くも7min毎に・・・
病院にTELするが、3min毎になるまで家で待機といわれる。

11:38 おしるし
この時点で4min毎
痛みが強まってきたが、まだまだと耐える。


風邪っぴきのツレには仮眠してもらう。



7月17日(土)39w4d

AM0:00 胎動を感じる。
5min~10min間隔。

1:01 涙が出るほどいたい。腰がいたい。

涙がでるほどいたいのはトリコだけじゃなくって、
お腹の中の赤子も一緒だと思うと涙がでる。

「さくらんぼ、がんばってるね~。
後ちょっと一緒にがんばろうな~。」と
何度も話しかける。

1:33 吐き気がするほどいたいため、鎮痛剤をのむ。
3~8min毎

2:19 再度 HOSPITALにTELし、
病院に来るようにというサインが出た。

2:30 お家出発
車の中では 3min毎の規則正しい陣痛。

2:45 病院に到着。

3:00 分娩室に入ると陣痛の間隔が長くなる?!

陣痛がきたら立ちながらベッドに前かがみにもたれかかるように 陣痛をのがし、陣痛が去ったら、写真を撮るなどして 結構リラックスモード。

IMGP2707.jpg

4:00 MIDWIFE(助産師さん)の内診(激痛)

子宮口はたった1cm・・・・

(内心・・・うそやろ?!)

4:50 内診後は陣痛の痛みが増し
強いPain Killer(鎮痛剤)と
長丁場になるだろうからと少し眠れるようにと2本注射された。

眠ろうとするけど、痛みがするし、どないして眠れというのだ・・・と思ってるうちに眠ってた。

7:30 MIDWIFEが病室にきた。
おきたら痛みが少しLESS?!
MIDWIFEは 家に帰るか破水させるか DRと相談。

家に一旦かえりましょうか?!と言われたときから、
また陣痛が強くなってきた。

8:22 赤子の心音と陣痛を図るマシーンをお腹につけて様子見。

IMGP2711.jpg

赤子の安定した心音の音がトリコの支えになっていた。

9:16 内診 子宮口2cm?!

「え??まだ2cm??」

この痛みはほんの序の口でコレからが本番ってわけか??

ここでPAIN KILLERを飲むが、すこしづつ
陣痛が遠のいていく。

鎮痛剤を飲んだり注射すると、今まで耐えてきた陣痛が
水の泡になったような気がして悲しくなって大泣き。 
  
MIDWIFEは「本陣痛が始まったら、PAIN KILLERを飲んでも何をしても消える事がないし、はじめてのお産は みんなこんなものよ。Don't be upset!!」

と励ましてくれた。

10:20 まだまだ生まれそうにないので病室に移る。

このころ 陣痛は10min毎

11:30 Ultra sound(超音波検査)へ

よたよた陣痛を逃しつつ歩きながら検査室へ。

BABYの推定体重 2.9kg?!


11:55 ランチを少々。
    陣痛4~10min毎

PM2:55 MIDWIFEにシャワーしたら痛みがマシになると言われシャワー。

このころ、最後のお腹写真だーーと、シャワー中のセクシー??写真を撮ってもらうなどして結構元気!

終わると、次はBATHしたらいいと言われ、

3:48 BATHに入る。

本当に痛みがましになり、気持ちがいいため結局1時間入っていた。


友達に電話したり、ツレと話し込んだり・・・。

友達には「今の痛さは序の口。子宮口が6cm以降になったら本番よ!」と脅かされる。

が・・・その通りでした。

実はこの日 7月17日と言うのはトリ夫婦の出産希望日!

ツレは土日が休みだし、金曜日16日の夜に陣痛が始まり、

次の日17日に出産だったら なんて親孝行なお子なんだ!と

ずっと言ってたのです。

本当に金曜晩から陣痛が始まり私たち自身ビックリ☆

だけどこの調子じゃ全然 17日中に生まれそうにないな~。


まさか、この一時間後の出来事なんて想定する事はこの時点で 予想さえつきませんでした。




トリコの出産 ステージ2に続く・・・



??????? ????????? ?????
1クリックで応援おねがいしまーす☆
拝啓 ブログをよんでくださっている皆様へ

ご報告

39w3d 16日の21時より不規則な陣痛がはじまり、

17日 夜中の2時に3分~5分おきの陣痛になり、

急いで病院に向かいましたが、

朝方陣痛が弱まってしまい、

そのまま病院で陣痛と戦いながら待機。

その日の夕方5時半ごろから 急にお産が進み、

2010年7月17日 20:37

2655gの小さなBABY GIRLが誕生しました

IMGP2678.jpg

さくらんぼもツレもがんばってくれたおかげで

安産でした☆

IMGP2695.jpg

生まれてすぐにトリコの胸にいる我が子を見て

幸せをかみ締めている時間は間もなく、

私の体は 出産後の出血が止まらず、

陣痛や出産の痛みより この後の処理の方が痛くて

ツレとツレが抱っこをする見慣れないさくらんぼを

見ながら 逝ってしまうのではないやろうか??と

思ったほどでしたが、

その後順調に回復にむかい、

本日20日 お昼に、退院してきました☆

母子ともに健康です。


今まで応援してくれた方々、友達、家族、

みんなみんなに ありがとう~っていう気持ちでいっぱいです☆

このニンプ10ヶ月間、コウノトリさんが運んできてくれた

BABYさくらんぼの 小さなあんよや、おててを見るために

がんばってきました。

しかし、本番はこれからです!!

目の前にいる 小さな女の子を育てるために

トリコは母ちゃんとして、

ツレは父ちゃんとして がんばります!

これからも もうヒトリのトリ家族を

どうぞ、よろしくお願いします

IMGP2704.jpg





??????? ????????? ?????
1クリックで応援おねがいしまーす☆


トリコ

Author:トリコ
♥。住まい♥。  SYDNEY
(オーストラリア) 

♥。2010年7月 BABY GIRL・さくらんぼ誕生♥。
♥。2013年4月 BABY BOY・つばさ誕生♥。 

♥。主婦暦9年目 4人暮らし♥。

 
「You Are What You Eat」
TVから聞こえてきた
この言葉に感心し、
楽しく美味しく食事をする事に、
日々努める次第でございます。

♡♡華のあるLIFEをモットーに♡♡

~コドモ日記はパスワード制にさせていただきました。~

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

アクセスカウンター